1. YNU
  2. 大学案内
  3. 取組・各種計画
  4. YNUネットアドレスサービス

YNUネットアドレスサービス
皆様と大学との絆を、生涯に亘って大切に保つために

YNUネットアドレスサービス(生涯メールサービス)は、本学が、卒業生・修了生並びに学生及び教職員を対象として、在学・在職時から生涯に亘って利用できるメールアドレスです。このサービスは、次のような目的で、卒業生・修了生,退職者の皆様に提供します。

  • 本学と皆様との永続的な連絡手段の提供及び一元化
  • 本学から卒業生等への情報提供(メルマガ,ホームカミングデー,オープンキャンパス等)
  • 同窓会からのお知らせ(ホームカミングデーの案内等)の送付
  • 卒業生・修了生,退職者同士の交流を行う機会の提供

本サービスは、Microsoft社が教育機関向けに無料で提供しているメールサービス「Office365 for Education」を利用し、本学が公的に保有するドメインである「@ynu.jp」を付したメールの送受信を行うものです。メールサーバ本体の運用管理はMicrosoft社が行いますが、利用者管理は本学側が行うことになります。送受信は、主にウェブメールで行います。

メールボックス容量
50GB

対象者

  1. 本学在学生(正規の学部生及び大学院生及び本学に配属されている東京学芸大学連合大学院在学生)
    情報基盤センターで自動的に付与し、メールアドレスと仮パスワードをパスワード変更システム新しいウインドウが開きますでお知らせしております。
  2. 本学卒業生及び修了生
    卒業生・修了生データ登録ページ新しいウインドウが開きますで申請を受け付けています。
    なお、各同窓会に所属されている方は、同窓会で取り纏めている場合もあります。
  3. 本学常勤教職員
    常時申請を受け付けています。申請方法は以下のとおりです。
    申込み・通知方法
    メール(@ynu.ac.jp メール)でお申込みください。
    • メール作成画面で申請事項を記入し、申請者の@ynu.ac.jpのメールアドレスから、申込み先メールアドレス宛(ynu-netadd@ml.ynu.ac.jp)に送信してください。
      ※必ずYNUネットアドレス取得者本人が申請してください。
    申請が受理されてから本人確認を行った後、発行したYNUネットアドレスと仮パスワードを申請者の @ynu.ac.jp メールへ通知します。
    申請様式 : YNUネットアドレス利用申請書
  4. 本学を退職した常勤教職員
    メールでお申込みください。
    • メール作成画面で利用申請書に記載されている申請事項を記入し、申込み先メールアドレス宛(ynu-netadd@ml.ynu.ac.jp)に送信してください。申請が受理されてから本人確認を行った後、発行したYNUネットアドレスと仮パスワードを通知します。

YNUネットアドレスの付与ルール

メールアドレスは、将来に亘り公平に割り当てるために、下記のルールに基づき決定します。

苗字-名前- チェックディジット(アットマークを記入して下さい)ynu.jp
(例)横濱太郎さんの場合:yokohama-taro-xy(アットマークを記入して下さい)ynu.jp

  • 原則として現在の氏名に基づいて割り当てます。
  • チェックディジットは、ランダムな英字2文字を自動的に割り当てます。
  • メールアドレスの変更については、戸籍上の変更があった場合のみ対応します。

YNUネットアドレスサービス利用方法について

Microsoft社の提供するウェブメールシステムにアクセスして、YNUネットアドレスとパスワードを入力することで、このサービスを始めることが出来ます。ウェブメールとは、インターネットにつながっているパソコンで、Internet Explorerなどのウェブブラウザを使いメールの送受信を行えるサービスです。そのため、ご自分で所有するパソコンからだけでなく、会社、学校のコンピュータ室、図書館、喫茶店など、インターネットに接続できるパソコンがあれば、どこでもウェブメールを利用できます。
詳細は、以下のマニュアルをご参照ください。

YNUネットアドレスサービスでのウィルスメール・スパムメール対策について

YNUネットアドレス宛に配送されるメールに対しては、以下の3段階のウィルスメール・スパムメール対策が実施されています。

  1. 送信元メールサーバのIPアドレスが、マイクロソフト社が使用するブロックリストにスパムメール送信元として登録されている場合は、送信元メールサーバからのSMTP接続自体を拒否します。
    この場合、受信者にはメールは配送されませんが、送信元メールサーバのログに接続拒否が記録されます。
    なお、どういったIPアドレスの機器がスパムメール送信元として登録されているのかについては、セキュリティ情報のため非公開です。
  2. 1.の対策をクリアしたメールに対して、メールのウィルス検索を実施します。このウィルスメール検索において、ウィルスに感染したファイルが添付されていることが検知された場合、該当メールを削除します。
    この場合は、メールが削除されたことは、利用者にも送信者にも通知はされません。
  3. 2.の対策をクリアしたメールに対して、さらにメールコンテンツの検索を行い、スパムメールと判定された場合は、受信者の「迷惑メール」フォルダに移動されます。
  4. その他
    ※ 以下の拡張子の添付ファイルはブロックされます。(メール本文はブロックされません。)
    • .vsmacros .msh2xml .msh1xml .ps2xml .ps1xml .mshxml .gadget
      .mhtml .psc2 .psc1 .msh2 .msh1 .aspx .wsh .wsf .wsc .vsw
      .vst .vss .vbs .vbe .url .tmp .shs .shb .sct .scr .scf .reg .pst
      .ps2 .ps1 .prg .prf .plg .pif .pcd .ops .mst .msp .msi .msh .msc
      .mht .mdz .mdw .mdt .mde .mdb .mda .maw .mav .mau .mat
      .mas .mar .maq .mam .mag .maf .mad .ln .ksh .jse .its .isp
      .ins .inf .htc .hta .hlp .fxp .exe .der .csh .crt .cpl .com .cmd
      .chm .cer .bat .bas .asx .asp .app .adp .ade .ws .vb .js .xml

Q&A(よくある質問)PDFファイルが開きます
YNUネットアドレス利用規約PDFファイルが開きます

お問い合わせ先

YNUネットアドレスプロジェクト
E-mail : ynu-netadd(アットマークを記入して下さい)ml.ynu.ac.jp

情報基盤センター ウェブサイト

(担当:図書館・情報部 情報企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ