新聞記事への掲載(2006年 2月)

掲載年月日 掲載記事内容 掲載新聞社等
2006.02.28 横浜国大の現役教員やOBらがスポーツを通じて地域振興を図る特定非営利活動法人「YNUスポーツアカデミー」を設立(理事長 工学研究院 福富洋志教授) 日経・神奈川・朝日(3.1)
2006.02.27 「教員養成改革フォーラム」開催案内(教育人間科学部) 神奈川
2006.02.28 訃報 元横浜国立大学長 久保村隆祐氏 朝日・日経・読売・東京(2.28夕刊)・神奈川(3.1)
2006.02.24 附属横浜中学校の生徒が総合学習の一環として神奈川新聞本社の新聞制作の現場を見学 神奈川
2006.02.24 附属横浜中学校の生徒が読売新聞横浜支局を訪問し職場見学 読売
2006.02.23 特色あるAO入試 横浜国大 教育人間科学部・工学部が掲載される 朝日(広告)
2006.02.22 NIEだより- 全国高等学校NIE研究会第4回全国大会案内 教育人間科学部 鷲見徹也教授の記念講演など 東京
2006.02.22 オゾン層破壊、温暖化対策「地球環境シンポジウム」が開催される 環境情報研究院 浦野紘平教授がパネリストとして出席 神奈川(2.23,3.4)・他46社
2006.02.21 初期のTV短編作品がDVD化 映画監督 岩井俊二氏(横浜国大卒)の記事 神奈川
2006.02.21 毎日新聞創刊135年と天台宗開宗120年を記念した「比叡山『ほうとうの森』大植樹祭」 植樹指導に宮脇 昭名誉教授 毎日
2006.02.19 新聞の学習成果披露 県NIE推進協議会(会長は教育人間科学部 高木まさき教授)が主催し実践報告会を開く 神奈川
2006.02.16 ノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんが横浜を訪れる 横浜国大での記念植樹、パシフィコ横浜でのシンポジウム(宮脇 昭名誉教授が参加)の様子が紹介される 毎日
2006.02.15 公開シンポジウム「イノベーションを指向した工学系大学院教育」開催案内 (2月22日教育文化ホールにて) 読売(2.15 , 2.16)
2006.02.15 若者に「魂を挑発」されて 芸術栄誉賞 唐 十郎氏(元横浜国大教授)の記事 読売(夕刊)
2006.02.14 横浜国大と日産自動車(株)が組織的連携に関する覚書を締結 神奈川・日経・朝日・毎日(2.15)・読売(2.21)
2006.02.14 Techno online- イノベーション政策 産学官「政」で取り組みを 環境情報研究院 近藤正幸教授の記事  日経産業
2006.02.13 県出身者遠くでトーク- 地方独特の政策提言を 太田 惇監事の記事 徳島
2006.02.11 15日に開催されるワンガリ・マータイさんの植樹イベントにそなえて学生らが植樹予定地を整備 毎日
2006.02.08 科学立国は今 第3期計画に向けて- 産学連携 欲しい「経済効果」 環境情報研究院 近藤正幸教授の話が掲載される 読売
2006.02.06 ノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんが横浜へ 毎日新聞社主催にて開催されるシンポジウム等のご案内(宮脇 昭名誉教授が参加) 毎日(2.6 , 2.15)
2006.02.06 支局長だより- マータイさんと語ろう 横浜国大での記念植樹についても紹介される 毎日(2.6 , 2.7)
2006.02.06 丹沢の山林 危機的状況 (財)国際生態学センター(研究所長は宮脇 昭名誉教授)の環境フォーラムが開催される 環境情報研究院 藤原一繪教授の話が掲載される 毎日
2006.02.06 キャリアの軌跡- 現実見つめる姿勢貫く 中西準子産業技術総合研究所化学物質リスク管理研究センター長 (元横浜国大教授)の記事 日経(夕刊)
2006.02.06 建築家ユニットSANAA(妹島和世氏と工学研究院 西沢立衛助教授らの設計事務所)快進撃 ルーブル美術館分館など世界各地の建築コンペで勝ち続ける 開放的な空間 情報化社会を軽快に映す 日経(夕刊)
2006.02.04 横浜国大を核に産学官連携 次世代の実装技術発信を目指す 神奈川
2006.02.04 首都圏の商店街 活性化に向けて地元の大学と連携 横浜国大は和田町商店街と共同で「和田べんプロジェクト」などを展開 環境情報研究院 佐土原聡教授の話が掲載される 日経
2006.02.04 国公立大2次試験 出願状況 産経(2.4 , 2.8)・神奈川(2.22)
2006.02.02 工学研究院 亀本喬司教授らが流体解析ソフトを開発 動く物体に対応 日経・日刊工業(2.3)

(担当:総務部広報・渉外室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ