新聞・雑誌への掲載(2008年 10月)

掲載年月日 掲載内容 掲載社等
2008.10.31 11/15 第3回横浜国大ホームカミングデー開催。ノーベル化学賞候補にも挙げられている藤嶋昭名誉博士(OB)の講演や松澤健さん(OB)がテレビでも有名となったJR駅での電車発車時のメロディー演奏を披露 読売・神奈川(11/15)
2008.10.30 工学研究院 森昌司准教授と 奥山那人教授が、常温の水をわずか2秒でセ氏70度まで急速加熱できる技術開発した 日経産業
2008.10.30 私 立旭丘高校が来春にも、高校としては珍しい教育研究所を設置する。教育人間科学部 高木展郎教授「生徒の発達段階に合わせて研究することは意味がある。高校時代から共生の視点を持つことが求められている。今日的な視点から新しい高校教育 のあり方を考える私学独自の研究機関として問題提起を期待したい」とコメント 神奈川
2008.10.29 理 科離れ対策。渡辺慎介副学長「今の学生は考えることが嫌いなのでは? 理科は考える楽しさがあるが、受験は技術一辺倒で考える力を大切にしなくなった。このままでは日本そのものが沈んでしまうと危惧している。大人が化学や技 術に関して夢を与えないことが理科離れの原因だ。技術者を大事にするような風土と待遇改善が必要」とコメント 日経
2008.10.29 県立神田高校不適正選考。教育人間科学部 高木展郎教授「公平性が求められる入試で起きたのは残念。高校入試のあり方を社会全体で考えなければならない」とコメント 神奈川
2008.10.29 第1回全国数学選手権大会「数学バトル」が開催された。決勝戦は、「二つの円を使った」問題をつくること。審査員の根上生也教授が「素朴な設定だが、高校生の知識でぎりぎりとける良い問題。疑問を誘発し多くの人の興味を引いた」 読売
2008.10.27 宮脇名誉教授 と 山田養蜂場代表との対談。「見せかけの緑化、相次ぐ偽装。今こそ真意を見定めて」 朝日
2008.10.27 英タイムズ紙別冊高等教育版などが、08年世界大学ランキングの詳細を発表。横浜国大は390位 朝日
2008.10.27 横浜国大フォーミュラプロジェクト「第6回全日本学生フォーミュラ大会」で総合4位に 朝日
2008.10.26 宮脇名誉教授 と 山田養蜂場代表との対談。「貴重な命奪った自然災害 森林破壊が招いた『人災』」 朝日・読売(12/10)・東京(12/10)
2008.10.24 日本の産学官連携をリードしてきたTLO(よこはまティーエルオーなど承認TLO(47機関))が98年に動きだして10年を迎えた。大学の法人化、知的財産本部のと役割分担などの荒波をかぶりTLOは大きく変わってきた 日刊工
2008.10.24 横浜国立大学「常盤祭」 “Laugh & Peace” 10月31日~11月2日開催 神奈川
2008.10.24 横 浜国大など神奈川県内に拠点を置く6つの大学は来春をめどに、中小企業との産学連携を進めるための共同の事務局と相談窓口を設ける。窓口の一本化やコー ディネーターの配置で産学連携に踏み出す間口が広がる。「地元の中小企業に協力し、競争力を高める点で大学の地域貢献に繋がる」と渡辺副学長 日経
2008.10.23 創立100周年を迎えた県立横須賀高校出身。高地光雄氏(横浜高等商業学校 現:横浜国立大学出身) 朝日・東京(11/25)
2008.10.23 尾羽を持つ新種の恐竜化石が発見された。国立科学博物館 真鍋真研究主幹(教育学部 卒)が「滑空までこぎ着けて鳥類になった恐竜がいる一方で、飛ぶのをやめてしまった恐竜がいたことが明らかになった。興味深い」とコメント 神奈川・日経(10/31)
2008.10.23 藤沢市の「6会」の不適合生コン 調査対策委員会が安全性に問題はないとする中間報告を発表した。委員長 池田尚治名誉教授が「精密な実験と解析をしたので今後の判断材料にしてほしい。ポップアウトが出たら補修するほかないが、あくまで美観の問題だ」 神奈川
2008.10.22 横 浜国大の大学院生と横浜市・自治区が若葉台地区の「温熱環境調査」を実施、報告会を開いた。実態を探り、住民が団地の良さを見つめなおし、環境への意識を 高めるきかっけとなることが目的。環境情報研究院 佐土原聡教授が「地域の資源を生かし、その価値を表に出していくことは、まちづくりの大切な視点」とコ メント。また、「自然との関係が切り離せない住環境は、郊外の大規模団地に共通した利点」と、交通利便性を重視した都市部のマンション開発にはない可能性 を見出す。また、住民らの意識調査アンケートと地形に基づき「防犯マップ」も作成。今後のまちづくりの指標の一つになることに期待を寄せた
神奈川・タウンニュース(10/16)
2008.10.22 横浜国立大学教育人間科学部 青山浩之准教授が監修し、理論付けを加えた「書写指導サポートブック」(基本から裏技まで現場の知恵を結集させた書写指導のポイント冊子)を横浜市教育センターが発行 朝日
2008.10.22 「レッ ツヨコエコ!」横浜国大地球環境課程の学生たちが中心となり、環境教育を全学に浸透させる「横国エコキャンパスプロジェクト(ヨコエコ)」を始めた。それ ぞれのアクションプランを宣言してもらい、その様子を映像にまとめ来春の新入生説明会でも紹介する予定。21日に実施された全学一斉清掃では、約30人の 学生が「ヨコエコ宣言」した 神奈川
2008.10.20 国際連合大学が東大・早稲田などとの共同大学院を開設する。学生は、全世界14ヶ所の国連大の拠点を活用できる。日本国内では、サステイナビリティ学研究機構参加大学の一部で活用できる。また、国連大高等研究所と連携している横浜国大も候補にあがっている 日刊工
2008.10.20 地域貢献度調査 11位に横浜国立大学ランクイン。共同研究や公開講座など大学の地域貢献活動が広がる中で公立大学の活動が活発化 日経
2008.10.19 若手に迫る植樹の奥義 九州の大学に在籍している若者3人に迫る! 植樹のきっかけは宮脇昭名誉教授と話す学生は、植樹にどっぷり漬かっている日々を送っている。多くの市民の参加による意識改革を訴えた 産経
2008.10.17 地方大学健闘。これまで東大・京大がノーベル賞受賞者を輩出していたが、今年の受賞者や有力候補(横浜国立大学 藤嶋昭名誉博士)に名前が挙がっている研究者は両大学以外の出身者が多く、「すそ野」が広がった 日刊工
2008.10.16 菱電社と工学研究院 藤本康孝准教授が、生産ラインの自動制御システムが正常に動くかどうかを効率的に検査する装置の開発を目指し、共同研究を始めた。将来は、共同研究の結果を、統一的な手法に基づいたFAシステムの開発にもつなげる考え 日経(新潟)・新潟日報(10/21)・日経産業(10/21)
2008.10.16 野菜の無人販売所「産直市場」が今年の3月、横浜国大にオープンし、学生から好評を得ている 読売(夕)
2008.10.16 県立横須賀高校が今年創立100周年を迎えた (主な卒業生:横浜国大 吉原健一名誉教授) 神奈川
2008.10.15 神奈川県教育委員会委員に教育人間科学部 福田幸男教授が選任された 神奈川
2008.10.15 11/8(NIE週間)に開催される「フィンランドの学校教育と新聞活用」で、教育人間科学部 髙木まさき教授がパネルディスカッションの司会を務める 朝日
2008.10.15 附属特別支援学校 北川徹(学校歯科医)が、平成20年度学校保健及び学校安全文部科学大臣表彰を受賞 読売
2008.10.13 大学教育センター 望月由起准教授の調査によると、'99に全国で171校であった私立小学校が、'08に206校へと漸増した。併設大学に半数以上が進むエスカレーター型は少数に過ぎず、最多数が中学受験準備型が占め、これに大学受験型が次ぐ 日経
2008.10.11 国際社会科学研究科 上川孝夫教授 今の経済状態は、'29の世界恐慌以来ともいわれているが、金融体制がしっかりしてきたので単純には比較できない。一気に大恐慌に陥るとは思わないが、低迷がだらだら続くとみている 神奈川
2008.10.10 横浜市大は、民間企業の省エネルギー技術を導入してキャンパスの改修を行う。改修を請け負う事業は横浜国大などの学識経験者と民間企業で構成する「横浜市ESCO事業提案審査委員会」が選定した 日刊工
2008.10.09 横浜国大附属横浜中学の生徒が、光陵高校で授業を体験した。両校の間では、2009年度から「連携型中高一貫教育校」として6年間の教育課程を編成することとしている。一足早い「一貫教育」となった 神奈川
2008.10.08 10月14日「みなとみらい産官学ラウンドテーブル」公開セミナーの開催案内 日経
2008.10.07 一部の私大で慣例化となっている、学生の成績表を父母らに送る動きが有名私立や国立大学にまで広がっている。留年防止や説明責任が主な理由だか、子ども扱いしているという懐疑的な意見も。横浜国大では、2004年度から一部導入し、現在3学部で実施している 毎日(夕)
2008.10.04 消費者行政で市町村が連携し広域化させる動きが起きている背景には、地方の消費者行政予算が年々減少していることによる。教育人間科学部 西村隆男教授が「国に消費省庁を作るように、自治体でも明確な組織を作るのが望ましい。そのために十分な財政措置が必要」とコメント 朝日
2008.10.02 横浜国大と産学連携協定を結んでいる、横浜市の外郭団体「横浜企業経営支援財団」が関西大学とも協定を締結した。財団が大阪の大学と連携するのは初めてで、今回の締結で大学との連携は13校となった 日経
2008.10.02 横浜国大にコンビニとカフェテラスの複合店舗「Sガーデン」がオープンした。店舗内にコンビニとカフェを備える新しい業態で、全国初の出展。オープン記念セレモニーで、飯田学長が開店を歓迎した 神奈川
2008.10.01 「横浜国大未来情報通信医療社会基盤センターと横浜市立大医学部が共同研究」両大学の持ち味を生かすことで単独の大学では実現が難しい研究に取り組む。 情報通信分野が得意な横浜国大の技術を使い、横浜市立大の臨床医療の現場で研究を進めながら実用化を目指す 毎日
2008.10.01 教育人間科学部 根上生也教授が、主人公が天才数学者と対決する映画「容疑者Xの献身」内で、数学の監修を行った 読売

(担当:総務部広報・渉外室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ