新聞・雑誌への掲載(2008年 11月)

掲載年月日 掲載内容 掲載社等
2008.11.29 次期学長 鈴木邦雄副学長に決定。「質の高い教育研究を実践することで、優れた卒業生を社会に送り出す『出口保証』を行う大学を目指す」と抱負を語った。 朝日・読売・神奈川・東京(11/30)・日刊工(12/1)・神奈川(12/2)
2008.11.28 横浜国大は、研究上の不正がないよう、研究者としての心構えをまとめたリーフレット「研究者の作法」を発行し、大学院生を含めた全研究者に配布した。 読売
2008.11.28 大学イメージランキング。大学選択における新たな指標―社会が望む大学像― 横浜国大「地元の産業・文化・環境の研究をしている」 第5位(首都圏)、「実践的な授業を積極的に行っている」第8位(首都圏)
日経第二部
2008.11.27 宮 脇昭名誉教授らが団長を務める「北ドイツの森林事情を探る視察ツアー」が実施された。宮脇教授は「ドイツでは、環境を守ることの大切さを幼児期から体をと おし理解させている。こうした試みが、ドイツの森づくりの基盤となり、都市づくりの哲学、基本姿勢に繋がっている」と解説。 毎日
2008.11.25 算数の楽しさ感じて。フリーハンドで描く円の美しさを競う「円描き大会」を開催。教育人間科学部 根上生也教授とサイエンスナビゲーター 桜井進さんが解説しながら進行 神奈川
2008.11.20 宮脇名誉教授 と 山田養蜂場代表との対談 「健全に生きる生物社会の掟『競争』と『我慢』、『共生』」 朝日
2008.11.15 訃報- 桃木弘三 名誉教授 神奈川・東京
2008.11.14 宮脇名誉教授 と 山田養蜂場代表との対談 「崩れる地域、家族の絆」 東京・読売
2008.11.14 附属横浜小学校の児童が、折り紙ヒコーキ世界チャンピオンの戸田拓夫さんに挑戦するイベントが、横浜国大の体育館で開かれた 神奈川・読売
2008.11.12 神奈川工業技術開発大賞発表式 選考委員長 関口隆名誉教授が 「時代のニーズを的確にとらえており、地に足の着いた技術のたまもの。神奈川力の発展に大いに貢献する」と賞賛 神奈川
2008.11.11 敷地内にある外国人研究者向け宿泊施設を民間建設業者の負担で留学生や職員向けの移住施設に建て替える。建設費は賃料35年で回収 日経
2008.11.09 11/8に神奈川県NIE推進協議会(会長:教育人間科学部 高木まさき教授)が「NIE公開セミナー」を主催。高木教授は、新学習指導要領における新聞活用にたいし「新聞から学びをいかに広げていくかが求められていく」とコメント 朝日・読売・神奈川
2008.11.09 「かながわ人づくり推進ネットワーク」が結成された。幹事長に就任した教育人間科学部附属教育実践総合センター 高木展郎教授が「さまさまな主体がつながり合い情報交流などを推進する」とコメント 神奈川
2008.11.07 映画「ガリレオ」の数学を監修した教育人間科学部 根上生也教授「数学嫌いの人達の数学への偏見が大きく変わることをやりたい」 毎日(夕)
2008.11.07 11/9に「神奈川体育学会大会」が開催される。横浜国立大学村瀬浩二氏が「メタボ予防」について講演する 神奈川
2008.11.06 遠赤外線技術シンポジウムで渋川祥子名誉教授が「遠赤外線による食味向上研究会 目的その活動概要」を報告 日刊工
2008.11.06 米国大統領決定。「国際協調路線を模索することになり日米関係も大きな転機を迎える」と国際社会科学研究科 椛島洋美准教授 神奈川
2008.11.03 神奈川県内中学入試事情 国立大付属中の出願条件は?通学区域の指定があるが、神奈川県内から横浜国大附属以外の都内の国立大学附属へも通学可能なケースが少なくない
朝日・東京(11/25)
2008.11.03 大 学生の就職活動・企業の採用活動の早期化長期化に「学業に支障がある」として大学側が危機感を募らせている。一方、対応せざるをえないのが現状。横浜国大 3年の男子学生が「先輩の手帳は秋以降説明会の日程が来春までびっしりだった。私も準備しなければならないと焦る」とコメント
朝日
2008.11.03 神奈川県内中学入試事情。国立大付属中の出願条件は?通学区域の指定があるが、神奈川県内から横浜国大附属以外の都内の国立大学附属へも通学可能なケースが少なくない 神奈川
2008.11.03 神奈川県NIE推進協議会が11/8に「NIE公開セミナー」を開催。司会者:推進協議会会長 教育人間科学部 高木まさき教授 神奈川
2008.11.03 秋の叙勲 瑞宝重光章 元横浜国立大学学長 板垣浩。瑞宝双光章 相吉靖(第3回横浜国大ホームカミングデー実行委員長 友松会)
朝日・読売
2008.11.03 付属鎌倉小と愛媛大附属高校の交流。食育を通じ、地域や世代を超えて交流を図る。「都会と田舎を結ぶ食育ネット」活動の一環として、横浜市立横浜商業高校の学園祭で愛媛産の果物や野菜を販売 神奈川・朝日
2008.11.03 教育人間科学部 松原宏之准教授 コラム「市民との間でつなぐ回路 政治育てる調査報道を」 神奈川

(担当:総務部広報・渉外室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ