新聞・雑誌への掲載(2009年 4月)

掲載年月日 掲載内容 掲載社等
2009.04.30 宮脇昭名誉教授が、神奈川病院で開かれた「千年の杜 いのちの森づくり」で植樹の指導にあたる 毎日
2009.04.27 タレント福田萌さん(横浜国大卒)インタビュー記事掲載 朝日(夕)
2009.04.26 横転重機の安全装置について、清水久二 名誉教授がコメント。
事故を起こした重機は、一般的なクレーンとは違い、補助クレーンの扱いで安全装置の設置義務はなかったことから、「安全機能は重機の用途別の分類ではなく、力学的な機能に応じて取り付けるべきだ。同じクレーン機能なのに、基準が異なるのは不合理」と指摘
読売
2009.04.26 空間メディアプロデューサー平野暁臣さん(横浜国立大学院修了)が、 「不屈のひみつ」の中で自らの業績をグラフ化して語る 読売Y&Y日曜版
2009.04.24 林野庁は、植生生態学者・宮脇昭 名誉教授が提唱する、多様な広葉樹を密集して植える「宮脇方式」を採用 毎日
2009.04.24 新技術開発財団は09年度の植物研究の助成先19件を決定。吉田圭一郎准教授の「植生帯協会における構成樹種の水分生理特性の観測に基づいた気候変動に対する植生応答の解明」が選定される 日刊工
2009.04.22 '76 横浜国立大学経卒 今井治氏 エクアドル大使に就任 産経・日刊工
2009.04.22 小6、中3を対象とした全国学力調査が21日朝から実施された。教育人間科学部 府川源一郎教授(国語教育)が、国語の問題について「全体に出題の傾向が固定化、形式化してきている」と指摘 朝日
2009.04.21 1 日に就任した横浜国立大学の鈴木邦雄学長が、20日 県庁で会見を開き、新体制を発表。「横浜という地の利を生かし、存在感のある大学にしていきたい」「先進的な教育・研究の国際拠点を形成するために国際戦 略推進室を立ち上げ、海外の大学と学生・研究者の交流を図る事業『国際教育者シャトルベース』を実施する」と国際性の強化に意欲をみせた 朝日・産経・毎日
2009.04.20 横 浜開港150周年記念イベント「開国博Y150」の会場の一つヒルサイドエリアに、7月4日からの会期中、巨大バッタのオブジェが登場し、横浜国立大学 「劇団唐ゼミ☆」による野外パフォーマンスが上演される。一般からのパフォーマンス参加者を募集、自然や環境をテーマにした内容で、会期中の土・日曜日、 計16日間行われる 産経・読売・朝日・毎日・東京・神奈川(4/20)・産経(4/27)
2009.04.18 消 費者庁の設置にあたり、教育人間科学部 西村隆男教授(消費者教育)が「事業者と消費者との間には情報量に大きな格差がある。消費者被害を防ぐには、事業者に規制を加えるだけでなく、消費者が情 報を適切に分析し行動できる力を身につけなくてはならない」と消費者教育についての必要性を語る 読売
2009.04.17 6~7月に米国で開かれるアメリカンフットボールの第1回ジュニア世界選手権の19歳以下(U19)日本代表として、横浜国大附属鎌倉中学の卒業生 坂口裕さんが出場をめざす 朝日
2009.04.17 読 売新聞社は今年度も全国の国公私立大学を対象に「大学の実力 教育力向上の取り組み」調査を実施、本学の大学教育総合センター 望月由起准教授が実力検討委員会のメンバーとして参加している。大学を選ぶうえで、偏差値やブランドとは違う実質的な判断材料を提供するのが狙い。調査対 象は約730校。7月に集計結果が紙面掲載される予定 読売
2009.04.16 湘南国際村で植樹祭 宮脇昭 横浜国立大学名誉教授が指導に当たる 毎日
2009.04.16 大学生による大麻事件が続発する中、危機感を抱く県内の大学が対策に本腰を入れ始めている。横浜国立大でも、リーフレットを配布したり、学内にポスターを掲示したりするなどしている 神奈川
2009.04.12 横 浜市立橘中学校で、490人分の家庭科の期末テストの結果データを誤って消去していたことについて、教育人間科学部(教育方法学)高木展郎教授がコメン ト。「学校はさまざまな事態を抱えており、ミスが起こる場合もある。ミスを子どもたちのために、どうプラスに転換するかが重要」と語った 神奈川
2009.04.11 「どうしてる?」のコーナーの「文字を書く」というテーマの中で、教育人文学部 青山浩之准教授が監修した「書写指導サポートブック」が紹介される 読売(夕)
2009.04.10 昨年度横浜観光親善大使だった教育科学部4年生の副島優子さんが、引き継ぎ式に参加 読売
2009.04.08 平 成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 【科学技術賞・研究部門】安藤柱(横浜国立大学大学院工学研究院名誉教授)・高橋宏治(横浜国立大学大学院工学研究院准教授)吉岡克成(横浜国立大学学際 プロジェクト研究センター特任教員) 【若手科学者賞】多々見純一(横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授) 読売
2009.04.08 横浜国立大学工学部建設学科は4/10~6/5まで、大成建設の社員が講師を務める特別講義を計12回開く。学生が単位を取得できる講義を民間企業に依頼するのは珍しい。横国大は「来年度以降も続ける予定」と話している 日経・読売(4/12)・日刊工(4/16)
2009.04.06 三井物産社長 飯島彰己氏(横浜国大経営卒)が、現在の経済環境や同社の経営戦略について語った 日刊工
2009.04.06 横浜国大講師白石俊彦氏のインタビュー。 機械工学の立場からバイオ研究領分にも足を踏み入れ、細胞の増殖がどんな振動に最も影響されるかを突き止める 日刊工
2009.04.06 渡辺慎介名誉教授 『紙面拝見』にて、想像力を育てる姿勢について提唱 神奈川
2009.04.05 戦 前の銀行建築について、大学院工学研究院 吉田鋼市教授が解説  この時期に建てられた銀行建築は、「古典主義様式」といわれ、「古代ギリシャ時代から続いているスタイルを建物に取り入れることで、将来にわたって銀行経 営が安定するというメッセージが込められた」と解説する 読売
2009.04.05 横浜国立大学で入学式が横浜文化体育館で行われた。鈴木邦雄・新学長は同大学の沿革などを紹介し「横浜国大の一員であることに誇りをもち、学問を学び、技術を習得し、柔軟な発想と課題探求能力をしっかり身に付けてほしい」などと述べた 神奈川
2009.04.04 コ ラム・NEWSなおにぎり「失望の中に希望の光」の中で、横浜国立大の卒業式の記事を引用。準硬式野球部の投手として活躍していた学生が、今春から小学校 の教壇に立つという記事から、「希望学」という本を想起。横国大の卒業生もプロ野球選手という夢を諦めた後に、沈む心を癒してくれた体育の先生から、教師 という道を目指すこととなった 読売
2009.04.04 渡辺慎介名誉教授 神奈川新聞の月曜日付「意見」面の紙面批評欄『紙面拝見』の執筆者として、来年3月まで担当 神奈川
2009.04.03 小田原市、箱根、真鶴、湯河原町を訪れる修学旅行生に効果的な体験学習をしてもらおうと、県は、横浜国立大などと協力して、体験学習プログラムなどを紹介した冊子を作成した 読売
2009.04.02 宮内庁春の園遊会招待者に、米沢康弘・元教授(情報通信行政・郵政行政審委員)が選出される 産経

(担当:総務部広報・渉外室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ