1. YNU
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 都市イノベーション学府・研究院

都市イノベーション学府・研究院

都市イノベーション学府・研究院
博士課程前期 博士課程後期
建築都市文化専攻 68人 都市イノベーション専攻 12人
都市地域社会専攻 37人    
入学定員合計            博士課程前期・後期 合計117人

概要

都市イノベーション学府・研究院は、急激に変化する都市の環境と文化を教育研究領域として2011年4月に設立されました。サステイナビリティとクリエイティヴィティをキーワードにしています。
建築、都市基盤における持続可能な発展と、多文化が引き起こすコンフリクトを創造的に乗り越えて、新たな文化を生み続ける創造都市をめざして、学術研究ばかりではなく、都市の現在に向けて多様な視点を提出していきたいと考えています。

ページの先頭へ

特色

本学府では、少人数制の実習・演習・研修を教育の柱に据え、ケーススタディやコースワークを重視した実務家型人材養成を目指した教育プログラムを導入することで、本学の実践教育の伝統を強化しています。
これは、高度専門職業人の養成に際し、<理論的知識や能力を基礎として、実務にそれらを応用する能力が身につく体系的な教育課程>を目指す中央教育審議会答申<新時代の大学院教育>にも対応しています。

ページの先頭へ

各専攻の紹介

博士課程前期 建築都市文化専攻

現代の都市をめぐる問題の所在について十全な知識を持ちながら、都市の将来を担いうる説得力ある空間を実践的に提案する人材、そして都市で先進的な文化・芸術活動を持続的に支援する人材を養成します。

建築都市文化コース

建築学分野と文化・芸術学分野の2教育研究分野により、建築、都市、文化に関わる諸領域で、それぞれの領域の先端的な研究についての十全な知識を有し、実践的な研究によって、その成果を都市のイノベーションとして成立させ得る人材を養成します。

建築都市デザインコース Y-GSA

徹底したスタジオ教育方式によって先鋭的な都市と建築の現在を学び、その多様なデザインや可能性を身に着け、その成果を都市における新たな可能性を持った有効な空間として提案できる建築家を養成します。

横浜都市文化コース Y-GSC

文化芸術の力によって都市を再生する方法をスタジオ教育方式によって身に着け、時代と空間に適した芸術を提案することで、都市のイノベーションを持続的に実践しうる人材を養成します。

博士課程前期 都市地域社会専攻

日本・横浜を含むグローバルな諸地域を対象に、その発展や課題解決を、技術的ならびに社会的な基盤を踏まえて分析、構想できる人材、新興・途上国等の都市問題解決や地域社会発展に、中央政府、地方行政、国際協力組織、民間企業、NGOといった組織で、指導的立場から貢献できる人材を養成します。

都市地域社会コース

土木工学分野と地域研究分野の2教育研究分野によりグローバルな視点からの都市問題解決や地域社会の発展のために、社会基盤工学の方法や、地域社会の文化や歴史に関する知識をもって、創造的かつ持続可能な社会ヴィジョンとともに、実践へと開かれた人材を育成します。

国際基盤学コース IGSI

スタジオ教育方式を大幅に採用することで、都市基盤についての有効な知識を、主に新興・途上国の都市における諸問題の解決のために実践的に活用できる人材を養成します。 なお、本コースではすべての講義とスタジオ教育、修士論文指導を英語で行います。

博士課程後期 都市イノベーション専攻

世界の多様な都市・地域をめぐる諸問題について、それぞれに必要とされる技術的・社会的・文化的・歴史的な専門知識を持ちながら、諸都市・諸地域の将来を担いうる説得力ある構想や空間、社会基盤や文化基盤を実践的に提案・設計・構築することのできる人材、そして諸都市・諸地域の学問・文化・芸術・社会活動を持続的・実践的に主導・支援することのできる人材を養成します。

ページの先頭へ

フォトギャラリー


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ