サイエンスカフェ・ファシリテーター

サイエンスカフェ・ファシリテータとは?


理事とファシリテーター

「サイエンスカフェ」って何?と思われるかも知れません。サイエンスカフェは、一般市民と研究者をつなぐ新しいコミュニケーションの手法として1998年以降、イギリスやフランスで盛んになったものです。一般的な公開講座やシンポジウムと異なり、研究者と市民が、カフェなどの身近な場所でコーヒーでも飲みながら、科学の楽しさについて気軽に語り合う場をつくろうという試みです。横浜国立大学でも、研究者と一般市民の双方向のコミュニケーションの実現や、大学の最先端の研究成果を広く、身近に知ってもらうことを目的に2006年に神奈川県内で初めて開催し、これまでに30回以上開催しました。最近は、オープンキャンパスでの「ぼくらのサイエンスカフェ」や高校への出前サイエンスカフェ等、高校生向けにも開催し、活動の幅を広げています。

サイエンスカフェファシリテーターの活動内容

参加者同士の意見交換を盛り上げたり、講師への質問を一緒に考えたりすることで、サイエンスカフェをより充実したものになるようお手伝いをしていただきます。

詳しくは、サイエンスカフェ・ファシリテーター活動内容ポスターPDFファイルが開きます(228KB)をご覧ください。

サイエンスカフェ・ファシリテーターの募集

応募用紙はこちらからダウンロードしてください。

サイエンスカフェ・ファシリテーター応募用紙Wordファイルが開きます(34KB)

連絡先

研究推進部研究推進課 サイエンスカフェ担当
TEL : 045-339-3192
E-mail : science.cafe(アットマークを記入して下さい)ynu.ac.jp

(担当:研究推進部研究推進課 サイエンスカフェ担当)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ