経済学部(経済学科)

経済学部(経済学科)が求める学生像

経済学部ではグローバル化する経済社会にとって重要な問題を敏感に捉え、それを明晰に分析しながら、問題解決の方向を冷静に分析する力を育成する。それは、国内や地球の各地で人々がグローバルかつローカルに直面している問題を解決していくための力でもある。経済学部が求める学生像は次のとおりである。

  • 数学、外国語の基礎的学力を備えた人
  • 必要な情報に自分からアクセスするだけでなく、自己の思考によってそれを整理編集し、さらには自ら情報を発信していく習慣を身に付けようとしている人
  • 知的好奇心にあふれるとともに、新しい見方やアイデアを具体化して周りの人に役に立てていこうとしている人
  • 市場システム、経済・社会制度等を学び、新しい経済分析の手法に関心があり、経済・社会の諸問題の解決に挑戦したい人
  • さまざまな地域の制度・歴史・文化に対する深い関心を持ち、世界経済を長期的に展望する能力を育み、国際社会の中で活躍したい人、国際社会が抱える問題の解決に貢献したいという気概を持つ人
  • 法律と経済にまたがる事象に関心があり、経済学と法学の基礎的素養を修得し、法律の専門知識が生かせる仕事に就きたい人

一般入試で求める学生像

  • 一般入試前期日程では、数理的・論理的分析力と国際的コミュニケーション能力の2つの能力を兼ね備える人材を求める。一般入試後期日程では、2つの能力のいずれかに特に秀でた人材を求める。

イノベーティブ教育プログラムで求める学生像

  • 経済学と経営学の両方に関心をもち、数学と外国語によるコミュニケーション能力に極めて秀でた人材を求める。

経済学部(経済学科)が入学者に求める知識や能力・水準

入学までの心構え

経済学部(経済学科)が入学者に求める知識や能力が入学後にどのように役に立つかの関連性は次のとおりである。

経済システムの理解
経済メカニズムの明確な理解、経済社会問題の体系的認識が可能になる。
経済学の基礎理論から、財政・金融、ファイナンス、統計・計量経済学、経済史等に至る広範な応用科目の順次的・体系的な理解が可能になる。
国際経済の理解
横浜高等商業学校以来の引き継がれてきた伝統である国際貿易、国際金融、経済開発などの応用科目の理解をもとに、グローバル化する経済の仕組みを認識する。
さらに、各地域に固有の歴史、制度、商習慣、環境等の特性に対する深い理解をもとに、グローバル化・多極化の進展と新興国・地域の勃興にともなう現代の経済社会の諸課題の問題解決の方向が探求できる。
法と経済の理解
複雑化する経済現象・企業行動に対し、法学と経済学の複眼的発想をもって取り組めるよう、経済学とともに、基礎的な法律科目(人・物と法、取引と法、憲法等)から、経済に密接に関係する法制度(経済法、商法、知的財産法、労働法等)の科目まで体系的に理解する。
コミュニケーション能力の強化と実践的国際交流
海外協定校への短期留学派遣と「Applied Economics Intensive(海外の大学でのサマースクール)」参加を通じて英語によるコミュニケーション能力を身に付け、実践的国際交流によりグローバル人材としての資質をより高める。
アクティブ・ラーニング、リーダーシップ、実践力強化
専門教育の初級から中級レベルにかけて、日本語と英語で行われる「課題プロジェクト演習」に参加し、ICT機器を用いたアクティブ・ラーニング、課題解決型学修、双方向学修の技法を習得する。
日本語および英語でのコミュニケーション能力、リーダーシップ、協働力といった実践力を獲得する。
グローバル経済社会の諸課題に対するイノベーティブな解決技法の修得
高度全学教育科目では、グローバル教育科目を通じてブラジル、インドネシア、ベトナムなど各国事情の理解を図る。
また、イノベーション教育科目を通じて、システム・エンジニアリング、知的財産法といった科学技術とその社会実装に関して学び、文理融合型イノベーション創成の技法を学修する。
ゼミナールでの卒業研究
3年次から始まるゼミナールでは、上記で獲得した知識・能力・技法を十分に活用し専門性を深化させ学士力を高める。
4年次にゼミナールでの研究の成果として卒業論文を完成させる。

経済学部(経済学科)の入学者選抜の実施方法

入学者選抜の実施方法

前期日程
数学的思考力と外国語によるコミュニケーション能力の両方を重視する。
大学入試センター試験6教科7科目と個別学力検査(数学・外国語)により評価する。
後期日程
数学的思考力と外国語によるコミュニケーション能力の両方を重視する。
大学入試センター試験6教科7科目と個別学力検査(数学と外国語うちいずれか)により評価する。
外国学校出身者特別選抜入試
小論文では、経済を中心とした社会科学に関するテーマについての理解度・思考力及び表現力を評価。
面接では、複数の面接員による個人面接で志望動機と経済学への興味や学問に対する姿勢などを評価。
YGEP-N1(私費外国人留学生入試)
面接で、複数の面接員による個人面接で志望動機と経済学への興味や学問に対する姿勢などを評価。
GBE教育プログラム入試
AO入試により以下の能力を評価する。
(1)国際コミュニケーション能力 (2)グローバルな環境下での協働性やリーダーシップ (3)数学的思考力 (4)経済と経営への関心度 (5)学修意欲 (6)人間性・倫理観
また、大学入試センター試験の外国語と数学の科目を課すとともに、TOEFLや数学検定などの外部試験成績の提出を出願要件とする。
上記のAO入試以外に、外国学校出身者特別選抜入試の合格者より若干名、そして私費留学生入試 (YGEP-N1) より2名程度を選抜する。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ