理工学部/機械・材料・海洋系学科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

理工学部機械・材料・海洋系学科が求める学生像

理工学部機械・材料・海洋系学科が求める学生像を、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定める。

理工学部(求める学生像)

  • 自然科学の真理探究や独創的なものづくりを通して、自ら成長・発展しようとチャレンジ精神にあふれ、新しい時代に対応できる理工系のセンスと国際的視野を磨いて世の中への貢献を志す入学者を求めている。

機械・材料・海洋系学科(求める学生像)

  • 機械工学、材料工学、または海洋空間のシステムデザインの分野に興味を持ち、ミクロから宇宙までの様々なスケールの事象に対して知恵と技術とモノを用いることで、環境に調和した心豊かな社会を構築することに貢献したい人を求めている。自由と責任を有する大人としての自律性と、基盤となる数学・物理・化学の基礎的能力を持ち、大学において自らの能力を高めようとする意欲を持つ人を求めている。

機械工学教育プログラム(求める学生像)

  • 機械工学に興味を持ち、機械工学の専門知識を用いて環境に調和した心豊かな社会を構築することに貢献したい人
  • 自由と責任を有する大人としての自立性と、基盤となる数学・物理・化学の基礎的能力とを持ち、大学において自らの能力を高めようとする意欲を持つ人

材料工学教育プログラム(求める学生像)

  • 物理や化学に基づいた、材料の様々な性質を生み出す仕組みの解明に興味がある人
  • 材料工学に強い関心を持ち、新材料やその応用技術を開発したいと希望する人
  • 既在の材料や製造プロセスに環境負荷低減技術を積極的に尊人したいと意欲に溢れる人

海洋空間のシステムデザイン教育プログラム(求める学生像)

  • 環境と調和しつつ世界中を駆けめぐる“未来型の船舶や航空機”、世界中に潜在する海洋エネルギーや海底資源の利用を推進するための“斬新な海洋構造物”の設計エンジニアになりたい人
  • 海洋から大気圏さらに宇宙を活躍の場とする“船舶 、航空機 、人工衛星の運用”の最適化を通して、人や物資の流れを作り、世界を1つにすることを目指したい人

理工学部機械・材料・海洋系学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

理工学部機械・材料・海洋系学科が入学者に求める知識や能力・水準は、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

理工学部(知識や能力・水準)

  • 英語、数学、国語、社会、理科の基礎学力を前提に、理工学の専門分野の特性を考慮し、数学と理科および英語の能力および思考力を特に重視する。

機械工学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、特に英語、数学、物理、化学の試験を課して、論理的思考力を求める

材料工学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 一般入試前期日程・後期日程では、数学、理科、英語(前期日程のみ)の個別試験を課す。
  • YGEP-N1(渡日前入試および私費留学生入試)では、口頭試問を行う。

海洋空間のシステムデザイン教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、特に英語、数学、理科(物理・化学)の試験を課して、論理的思考力を求める。
  • 数学、物理(力学)の学力を土台とする口頭試問を課して、視野の広い論理的思考力と合理的説明力を求める。

理工学部機械・材料・海洋系学科の入学者選抜の実施方法

理工学部機械・材料・海洋系学科の入学者選抜は、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めて実施する。

入学者選抜の実施方針

  • 高等学校では、機械・材料・海洋系学科で重要となる、数学、理科をはじめとして、国語、英語、地理歴史・公民などを幅広く学んでもらうことが必要である。
  • 大学入試センター試験科目では、5教科7科目を課し、数学、理科、外国語を中心に高等学校での幅広い学習成果を確認する。
  • 一般入試では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

AO入試

  • 海洋空間のシステムデザイン教育プログラムのみ実施する。

YGEP-N1(私費外国人留学生)入試

  • 試験は機械・材料・海洋系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEICまたはTOEFL)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課すが、材料工学教育プログラムと海洋空間のシステムデザイン教育プログラムは渡日前入試も実施する。

高等専門学校編入学試験

  • 機械工学教育プログラムのみにおいて実施する。材料工学教育プログラム、海洋空間のシステムデザイン教育プログラムでは実施しない。

機械工学教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 高等学校では、機械・材料・海洋系学科で重要となる、数学、理科をはじめとして、国語、英語、地理歴史・公民などを幅広く学んでもらうことが必要である。
  • 大学入試センター試験科目では、5教科7科目を課し、数学、理科、外国語を中心に高等学校での幅広い学習成果を確認する。
  • 一般入試では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は機械・材料・海洋系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 高等専門学校編入学試験においては、基礎科目(数学、物理)、専門科目(材料力学、流体力学、熱力学)および面接を課す。

材料工学教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 高等学校では、機械・材料・海洋系学科で重要となる、数学、理科をはじめとして、国語、英語、地理歴史・公民などを幅広く学んでもらうことが必要である。
  • 大学入試センター試験科目では、5教科7科目を課し、数学、理科、外国語を中心に高等学校での幅広い学習成果を確認する。
  • 一般入試では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は機械・材料・海洋系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日前入試

  • 試験においては、日本留学試験、所定の英語能力を有することを証明する成績証明書、ビデオレター(日本語)の内容、面接等を課す。面接はインターネットを利用して行う。

海洋空間のシステムデザイン教育プログラム

入学者選抜の実施方針

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に機械・材料・海洋系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

AO入試

  • 試験においては、第1次選抜に書類審査(自己推薦書、調査書等)、第2次選抜に面接試験(口頭試問による学力検査)を課し、大学入試センター試験の結果により、最終的な合格者を決定する。

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は機械・材料・海洋系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日前入試

  • 試験においては、日本留学試験、所定の英語能力を有することを証明する成績証明書、ビデオレター(日本語)の内容、面接等を課す。面接はインターネットを利用して行う。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ