理工学部/数物・電子情報系学科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

理工学部数物・電子情報系学科が求める学生像

理工学部数物・電子情報系学科が求める学生像を、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定める。

理工学部(求める学生像)

  • 自然科学の真理探究や独創的なものづくりを通して、自ら成長・発展しようとチャレンジ精神にあふれ、新しい時代に対応できる理工系のセンスと国際的視野を磨いて世の中への貢献を志す入学者を求めている。

理工学部数物・電子情報系学科(求める学生像)

  • 数学、物理の基本原理を深く理解し、新しい創造的な科学や技術を創出しようとする気概があって、理工学の諸分野で国内外を問わず幅広く活躍して豊かな未来を作り出そうという意欲に満ちあふれた人
  • 数学、物理、光や電気・電子、情報について強い関心や高い能力を持つ人

数理科学教育プログラム(求める学生像)

  • 現代の数学である数理科学を縦横に活用して社会に有為な人材になりたい人、また、将来、その発展に貢献することで国際的な活躍をしたい人
  • 数学と物理、コンピュータの活用に興味があり、コンピュータグラフィックス、コンピュータシミュレーション、画像処理、数理モデリングなどを用い、世の中の複雑な現象・問題を理解・解決したい人

物理工学教育プログラム(求める学生像)

  • 宇宙、素粒子、様々な物質系などの性質を物理学の手法を用いて探究することに関心のある人
  • 物理学を深く理解したうえで、工学の幅広い分野で常に原理に立ち返って新しい科学技術を生み出したい人

電子情報システム教育プログラム(求める学生像)

  • 電気・電子・通信・情報工学などに興味があり、これらの分野の研究者・技術者として、新しい創造的な科学や技術を創出しようとする気概があって、理工学の諸分野での国内外を問わず幅広く活躍して豊かな未来を作り出そうという意欲に満ちあふれた人
  • 電気・電子・通信・情報工学などの分野の研究者・科学者として、社会で役立つ実践力を身につけたい人
  • 高度情報化社会を支える新しい先端的技術を創り出すことを目指す人

情報工学教育プログラム(求める学生像)

  • 情報学・情報工学の基礎から応用までを身につけ、自ら先端的な情報理論・処理方式・システムを創造して社会に貢献する意欲を持った人
  • 人の優れた知能や能力をコンピュータ・機械で実現し、人を支援することで、人を中心とした豊かで安全・安心な未来社会を実現したいと考えている人

理工学部数物・電子情報系学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

理工学部数物・電子情報系学科が入学者に求める知識や能力・水準は、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

理工学部(知識や能力・水準)

  • 英語、数学、国語、社会、理科の基礎学力を前提に、理工学の専門分野の特性を考慮し、数学と理科および英語の能力および思考力を特に重視する。

数物・電子情報系学科(知識や能力・水準)

  • 高校教育において基礎的科目を幅広く学び、これらに関する知識や技能を前提とする。
  • 数物・電子情報系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学の試験を課して、思考力・判断力・表現力を求める。
  • 国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すため、英語の試験を課して、思考力・判断力・表現力を求める。

数理科学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育において幅広く学んだ基礎的科目に関する知識や技能を前提とし、数学、物理、化学の試験を課して、数理科学の基礎となる論理的思考力・判断力・表現力を求める。
  • 国際社会で活躍する技術者、研究者を目指すためには、英語の試験を課して、英語の知識や技能を通した思考力・表現力を求める。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を重視し、数学、物理、化学、英語の試験を課して、論理的理解力・判断力・表現力を求める。

物理工学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育において身につけるべき幅広い基礎的な知識や技能を修得していることを前提とし、数学、理科(物理、化学)の試験を課して、物理工学の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する高い論理的思考力・判断力を求める。
  • 国際社会で活躍する技術者、研究者を目指すためには、高校教育における英語の知識や技能を有することが重要であり、英語の試験を課して、その読解力と表現力を求める。
  • 文章の表現力、読解力を身に付ける上で、国語(現代文)などの能力も重要である。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を求める。

電子情報システム教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、特に英語、数学、物理、化学の試験を課して、論理的思考力を求める。
  • 数学、物理、化学の学力を土台とし、総合的な設問を課して、視野の広い思考力と表現力を求める。

情報工学教育プログラム(知識や能力・水準)

  • 高校教育において幅広く学んだ基礎的科目に関する知識や技能を前提とし、数学、物理、化学の試験を課して、情報工学の基礎となる倫理的思考力・判断力・表現力を求める。
  • 国際社会で活躍する技術者、研究者を目指すために、英語の試験を課して、英語の知識や技能を通した思考力・表現力を求める。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を重視し、倫理的理解力・判断力、表現力を求める。

理工学部数物・電子情報系学科の入学者選抜の実施方法

理工学部数物・電子情報系学科の入学者選抜は、学部・学科および教育プログラム(学士の学位を授与する教育課程プログラム)ごとに定めて実施する。

入学者選抜の実施方針

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に数物・電子情報系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、英語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、英語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

AO入試

  • 実施しない

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は数物・電子情報系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 電子情報システム教育プログラム、情報工学教育プログラムにおいて実施する。数理科学教育プログラム、物理工学教育プログラムでは実施しない。

数理科学教育プログラム(入学者選抜の実施方針)

  • 大学入学後の学習の土台となる基礎学力を育成するためには、高等学校では基本的科目を幅広く学んでもらうことが必要である。特に数物・電子情報系の広範な分野の基礎となる数学、物理、化学に関する学力をしっかり身につけておくことが重要である。また、国際社会で活躍する研究者、技術者を目指すためには、英語が重要であることはいうまでもない。
  • 一般入試(前期)では、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、英語を課す。一般入試(後期)では、特に数学と物理、化学に秀でた人を求めるが、国際性を考慮し、センター試験においては外国語を重視して考慮する。

一般入試(前期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。さらにセンター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 試験は数物・電子情報系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

物理工学教育プログラム(入学者選抜の実施方針)

  • 大学入学者選抜は、高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度と、本学で学ぶ上で必要となる学力、能力の程度を総合的に評価・判定するために実施する。
  • 高等学校で履修すべき科目は、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、理科(物理、化学)、英語は必須であり、文章の表現力、読解力を身に着ける上で、国語(現代文)などの履修も重要である。

一般入試(前期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、高等学校での基本的科目の幅広い学習成果を確認するため、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、理工学を学ぶうえで重要な基礎となる数学、物理、化学、および国際社会で活躍するために重要な英語に関する学力が十分に身についているか確認するため、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、高等学校での基本的科目の幅広い学習成果を確認するため、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。国際社会で活躍する能力を重視し、センター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、理工学を学ぶうえで重要な数学、物理、化学に特に秀でた人を求めるため、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 広く海外から優秀な学生を求める。試験は数物・電子情報系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

電子情報システム教育プログラム(入学者選抜の実施方針)

  • 大学入学者選抜は、センター試験及び個別学力試験の2段階選抜を行う。個別学力試験は前期試験、後期試験を行う。
  • 高等学校で履修すべき科目は、数学、物理、化学、英語の履修を必須とする。

一般入試(前期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、英語300、合計1200点

一般入試(後期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、高等学校での基本的科目の幅広い学習成果を確認するため、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。国際社会で活躍する能力を重視し、センター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、理工学を学ぶうえで重要な数学、物理、化学に特に秀でた人を求めるため、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 広く海外から優秀な学生を求める。試験は数物・電子情報系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 高等専門学校編入学試験においては、基礎科目(数学、物理)、専門科目(電磁気学、電気回路、論理回路、電子工学、アルゴリズムの5問から4問を選択)および面接を課す。

情報工学教育プログラム(入学者選抜の実施方針)

  • 大学入学者選抜は、センター試験及び個別学力試験の2段階選抜を行う。個別学力試験は前期試験、後期試験を行う。
  • 高等学校で履修すべき科目は、数学、物理、化学、英語の履修を必須とする。

一般入試(前期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。個別学力検査においては、数学、理科(物理、化学)、英語の3教科4科目の試験を課す。
  • センター試験:国語200、地歴公民100、数学200、理科200、外国語200、合計900点
  • 前期二次:数学450、理科450、外国語300、合計1200点

一般入試(後期日程)試験科目設定の意図

  • 大学入試センター試験においては、高等学校での基本的科目の幅広い学習成果を確認するため、国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語の5教科の試験を課す。国際社会で活躍する能力を重視し、センター試験においては、相対的に外国語を重視して考査する。
  • 個別学力検査においては、理工学を学ぶうえで重要な数学、物理、化学に特に秀でた人を求めるため、数学、理科(物理、化学)の2教科3科目の試験を課して学力を確認する。
  • センター試験:国語100、地歴公民50、数学100、理科100、外国語300、合計650点
  • 後期二次:数学450、理科450、合計900点

YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試

  • 広く海外から優秀な学生を求める。試験は数物・電子情報系学科として行い、日本留学試験、英語(TOEIC、TOEFL、IELTS)および渡日後の数学の筆記試験と面接を課す。

高等専門学校編入学試験

  • 高等専門学校編入学試験においては、基礎科目(数学、物理)、専門科目(論理回路、アルゴリズム、プログラミング)および面接を課す。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ