都市科学部/都市社会共生学科

都市科学部が求める学生像

  • 理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を身につけたい人
  • ローカル・グローバルにわたる多次元的な世界を相互理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力、総合力を身につけたい人
  • 上記の視点と視野・能力を身につけて、都市づくり・都市社会構築で都市の未来に貢献したい人

都市社会共生学科が求める学生像

  • 現代社会においてダイバーシティ(多様性)が生み出す様々な問題と可能性の本質を理解した上で、技術・自然・人がより共生した都市社会の創成に貢献したい人
  • 歴史を通じて培われてきた芸術や現代の文化が都市創成で果たす役割を学び、文化や芸術が持つ多様性を生み出す力で都市や社会を豊かにしたい人
  • 国内外を問わず、都市化によって生み出される周縁化の問題(格差や貧困)を理解し、ダイバーシティに配慮した社会開発の策定・実践を行いたい人

都市科学部都市社会共生学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

都市科学部都市社会共生学科が入学者に求める知識や能力・水準は、次によるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、一般入試(前期日程・後期日程)では、国語及び社会科目の学力を土台とし、かつ表現力と論理的思考力を求める。
  • 一般入試(前期日程・後期日程)では英語の試験を課すことで、グローバルな感覚を養うための土台としての外国語の能力を求める。
  • AO入試については、高校の教科にとらわれない人文社会科学に関する幅広い興味関心、思考力、表現力を含めた総合的な能力を求める。
  • YGEP(私費外国人留学生)入試では、大学入試センター試験の代わりに日本留学試験及び外部英語試験(TOEFL又はTOEIC)を課すことで基礎的知識や技能を確認する。
  • YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試では、面接試験を課すことで口頭での日本語運用能力と自分の関心分野についての理解の度合いを確認する。

都市科学部都市社会共生学科の入学者選抜の実施方法

入学者選抜の実施方針

都市科学部都市社会共生学科の入学者選抜は、一般入試(前期日程および後期日程)、AO入試、およびYGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試により行う。
一般入試・AO入試ともにセンター試験が課されるため、高等学校ではまずは各教科をバランスよく履修することが求められる。その上で、前期日程・後期日程ともに小論文の試験を課し、文章力だけでなく論理構成力に秀でた人を求める。前期日程・後期日程については、英語の試験も課す。

  • 一般入試では、前期日程・後期日程ともに、大学入試センター試験を課す。
  • 一般入試の個別学力検査において、前期日程・後期日程ともに小論文と英語を課す。
  • AO入試は、第1次選抜で書類審査(自己推薦書、学習計画書)を課す。第1次選抜合格者に対する第2次選抜では、面接試験(口頭試問による適性と能力の検査)と、思考力・表現力を測る文章実技を課す。
  • AO入試ではさらにセンター試験を課し、その結果により最終合格者を決定する。
  • YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試の入学者選抜は、日本留学試験及び外部英語試験を課した上で、意欲や適性をみるため面接試験を行う。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ