都市科学部/都市基盤学科

都市科学部が求める学生像

  • 理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を身につけたい人
  • ローカル・グローバルにわたる多次元的な世界を相互理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力、総合力を身につけたい人
  • 上記の視点と視野・能力を身につけて、都市づくり・都市社会構築で都市の未来に貢献したい人

都市基盤学科が求める学生像

都市基盤学科では、豊かで持続可能な生活空間、産業・生産活動の礎を構築するため、技術の限界と不可避なリスクを認識しつつ、都市に関わる幅広いリスクとベネフィットの視点で総合思考し、既存の産業形態にとらわれずイノベーティブに、安全で靱性の高い国土基盤、地球環境と経済的効率性のバランスある社会基盤、そして今日的グローバル課題解決に資する国際基盤を実現できる土木技術者を育成する。以上のことから、以下の人材を求める。

  • 自然環境との調和や共生など地球的観点に立ってより良い都市や国土の創造に興味がある人
  • 地震、台風、火山、豪雨、津波などの自然災害から都市や社会を守るために、土木工学の基礎学理をリスクマネジメントに応用して、防災・減災の取り組みをしたい人
  • IT/ビックデータなどの最先端技術/情報と土木工学を融合させ、社会基盤の整備、維持管理や運用に利活用して、都市や社会生活を豊かにしたい人
  • 世界の政治や社会、経済状況に広く関心を持ち、社会基盤整備や地球規模の環境保全を通して、国際的に活躍したい人

都市科学部都市基盤学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

都市科学部都市基盤学科が入学者に求める知識や能力・水準は、次によるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、特に英語、数学、理科の試験を課して、論理的思考力を求める。
  • 英語、数学,理科の基礎的学力を土台とし、総合的な設問を課して、視野の広い思考力と表現力を求める。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を重視し、国際的視野やコミュニケーション能力を求める。
  • YGEP(私費外国人留学生)入試では、大学入試センター試験の代わりに日本留学試験及び外部英語試験を課すことで基礎的知識や技能を確認する。
  • YGEP-N1入試では、入学直後から授業科目を学ぶための日本語能力(N1相当)を求める。
  • YGEP-N2入試では、1年間日本語教育を受けた後に2年次から専門科目を学ぶことができる日本語能力(N2相当)を求める。

都市科学部都市基盤学科の入学者選抜の実施方法

入学者選抜の実施方針

都市科学部都市基盤学科の入学者選抜は、一般入試では前期日程で数学、理科、英語を、後期日程で数学、理科を必須科目とすることで、論理的能力を重視した選抜を行う。また、筆記試験では測りがたい能力を持った人材を選抜するため、プレゼンテーションと口頭試問を重視したAO入試を実施する。さらに、多様な経験を持つ人材を受け入れるため、編入学入試(高専編入)及び私費外国人留学生入試(渡日前入試、渡日入試)を行う。

  • 一般入試では、前期日程・後期日程とも、大学入試センター試験の5教科7科目を課す。
  • 一般入試の個別学力検査において、前期日程では数学、理科、英語を、また、後期日程では数学、理科を課す。
  • AO入試は、出願書類による第1次選抜、口頭試問による第2次選抜によって実施する。
  • YGEP-N1(私費外国人留学生入試)は、日本留学試験及び英語試験を課した上で、意欲及び適性をはかるため、渡日入試では数学と面接、渡日前入試では面接を課す。
  • YGEP-N2(私費外国人留学生入試)は、日本留学試験及び英語試験を課した上で、意欲及び適性をはかるため面接を課す。
  • 編入学は3年次編入とし、入学者の選抜は、学力検査、面接、成績証明書及び推薦書を総合して行う。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ