都市科学部/建築学科

都市科学部が求める学生像

  • 理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を身につけたい人
  • ローカル・グローバルにわたる多次元的な世界を相互理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力、総合力を身につけたい人
  • 上記の視点と視野・能力を身につけて、都市づくり・都市社会構築で都市の未来に貢献したい人

建築学科が求める学生像

  • 建築の思想を中心に芸術から工学まで幅広く学び、これからの時代を担う建築を都市の中に構想できる創造的な建築家になりたい人
  • 自然災害に強く安全な建築や街づくりに貢献したいと願い、そこに集い住まう人たちの生命と財産を守ることができる建築構造エンジニアや建築構造デザイナーになりたい人
  • 自然と調和した住空間のデザインスキルを身につけ、地球環境との均衡を保ちつつ人々の健康で快適な生活を実現できる建築環境設備エンジニアになりたい人
  • 都市や建築の成り立ちや歴史的変遷を知り、未来社会に向けた持続可能な新しい街づくりを実践できる都市計画プランナーや都市デザイナーになりたい人
  • 建築や都市に関する知見を生かして、地域社会や国際社会のファシリテーションやマネジメントに積極的に関わっていきたい人

都市科学部建築学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

都市科学部建築学科が入学者に求める知識や能力・水準は、高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提に、特に英語、数学、理科の試験を課して、論理的思考力を求めるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

  • 建築空間・都市空間を空気・光・音・熱などを含めて的確に把握・分析し、力の流れを適切に制御しながら、新たな空間を創造する力を身に付けるため、数学・理科の素養と論理的思考力を求める(一般入試)。
  • 国際的な広い視野とコミュニケーション能力を備えていることを求める(一般入試の英語)。
  • 空間を幾何学的に把握し、創造する能力と、コミュニケーションを通じた理解力・批評力・表現力を求める(AO入試)。
  • YGEP(私費外国人留学生)入試では、大学入試センター試験の代わりに日本留学試験及び外部英語試験(TOEFL又はTOEIC)を課すことで基礎的知識や技能を確認する。

都市科学部建築学科の入学者選抜の実施方法

入学者選抜の実施方針

都市科学部建築学科の入学者選抜は、大学入試センター試験及び個別学力検査の結果を総合して判定する一般入試(前期日程および後期日程)、第1次選抜・第2次選抜によって実施するAO入試、学力検査・面接・成績証明書および推薦書を総合して行う編入学入試(高専編入)、YGEP-N1(私費外国人留学生)渡日入試及び渡日前入試により行う。

  • 一般入試では、前期日程・後期日程とも、大学入試センター試験の5教科7科目を課す。
  • 一般入試の個別学力検査において、前期日程では数学、理科、英語を、また、後期日程では数学、理科を課す。
  • AO入試は、第1次選抜で書類審査(自己推薦書、調査書等)および実技試験を課す。第1次選抜合格者に対する第2次選抜では、面接試験(口頭試問による論理的思考力・理解力・表現力の検査)を課す。
  • YGEP-N1(私費外国人留学生入試)は、意欲及び適性をはかるため、渡日入試では数学と面接、また渡日前入試では面接を課す。
  • 編入学は2年次編入とし、入学者の選抜は、専門科目の学力検査、面接、成績証明書及び推薦書を総合して行う。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ