都市科学部/環境リスク共生学科

都市科学部が求める学生像

  • 理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を身につけたい人
  • ローカル・グローバルにわたる多次元的な世界を相互理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力、総合力を身につけたい人
  • 上記の視点と視野・能力を身につけて、都市づくり・都市社会構築で都市の未来に貢献したい人

環境リスク共生学科が求める学生像

  • 個別知識では対応できない複雑で多様化した環境リスクに対し、ヒトから都市、自然生態系、地球までのシステム全体を視野に入れた知識展開力を備えた人
  • 豊かさと表裏一体で生じるリスクとのバランスをマネジメントする「リスク共生」社会の実現をめざし、自然環境と社会環境のリスクを科学的に捉える数理的思考力と、ヒト・社会と対話できる社会科学的思考力を併せ持つ文理融合的素養を備えた人
  • 都市に恵みや災いをもたらす自然システムや都市や地域に潜む環境リスクを予測・評価・分析し、リスクと共生した持続的発展に貢献できる実践力を有する人

都市科学部環境リスク共生学科が入学者に求める知識や能力・水準

学力検査の実施方針

都市科学部環境リスク共生学科が入学者に求める知識や能力・水準は、次によるものとし、大学入試センター試験および個別学力検査などを活用して多面的・総合的な入学者選抜により判定する。

  • 高校教育における幅広い基礎的な知識や技能を前提とし、一般入試(前期日程)では、数理的な能力や理科の能力、さらにグローバルな専門家として活躍するための英語力を問い、環境リスクを扱うために必要なバランスの良い学力を持つ人材、主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度を有する人材を求める。
  • 一般入試(前期日程)においては自然科学のみならず社会科学も含めて数理的な能力を土台とし、発展させ得る人材、主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度を有する人材を求める。
  • 一般入試(後期日程)では数理的な能力に加え、小論文を課し、自然環境や生態環境、社会環境の様々なリスクに関連して提示された素材に関し、内容把握の読解力、問題点を解決するための発想力、考えを表現するための論理的思考力や表現力の優れた人材、主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度を有する人材を求める。
  • AO入試においては特に専門分野に対する強い学習・研究意欲や、筆記試験では測定が難しい総合的なセンスや視野の広い思考力、発想力、表現力を持つ人材、主体性を持ち、多様な人々と協働しつつ学習する態度を有する人材を求める。
  • YGEP(私費外国人留学生)入試では、大学入試センター試験の代わりに日本留学試験及び外部英語試験(TOEFL又はTOEIC)を課すことで基礎的知識や技能を確認する。
  • YGEP-N1入試では、入学直後から授業科目を学ぶための日本語能力(N1相当)を求める。
  • YGEP-N2入試では、1年間日本語教育を受けた後に2年次から専門科目を学ぶことができる日本語能力(N2相当)を求める。

都市科学部環境リスク共生学科の入学者選抜の実施方法

入学者選抜の実施方針

都市科学部環境リスク共生学科の入学者選抜は、一般入試(前期日程・後期日程)、AO入試、YGEP-N1(私費外国人留学生(渡日前入試及び渡日入試))、YGEP-N2(私費外国人留学生(渡日前入試))を行う。

  • 一般入試では、前期日程・後期日程とも、大学入試センター試験の5教科7科目を課す。
  • 一般入試の個別学力試験において、前期日程では数学、理科、英語を、また、後期日程では数学、小論文を課す。
  • AO入試については、出願書類によって第1次選抜を行い、合格者を対象に演習および口頭試験による第2次選抜を行う。第2次選抜の合格者の中から、選抜の成績とセンター試験の成績によって最終合格者を決定する。
  • YGEP-N1(私費外国人留学生入試)は、日本留学試験及び外部英語試験を課した上で、意欲及び適性をはかるため、渡日入試では数学と面接、渡日前入試では面接を課す。
  • YGEP-N2(私費外国人留学生入試)は、日本留学試験及び外部英語試験を課した上で、意欲及び適性をはかるため面接を課す。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ