1. YNU
  2. 教育・研究
  3. 教育・研究プロジェクト
  4. 理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業

理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業

本学が応募しておりました「地域の教育・研究機関の有機的連携により理科教育の向上を目指す神奈川CSTプラン」が、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」平成21年度第2次募集に採択されました。

理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業

「理数系教員(コア・サイエンス・ティーチャー)養成拠点構築事業」は、小・中学校教員の理数教育における指導力向上を図ることを目的として、大学と教育委員会が連携し、養成プログラムの開発・実施や地域の理数教育における拠点の構築・活用などを通じて、地域の理数教育において中核的な役割を担う教員を養成する事業であり、第2次募集では9件の応募があり、本学の提案を含め2件が「通常取組」として採用されました。本年度の通常取組みの採択は、第1次募集での採択件数と合わせて7件となります。

採択取組

支援期間 平成21年度~平成24年度
実施機関 横浜国立大学、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会、神奈川県 県立青少年センター
連携機関 財団法人 神奈川科学技術アカデミー、日本地球化学会

取組の概要

本学プロジェクトでは、横浜国立大学と神奈川県教育委員会・横浜市教育委員会・川崎市教育委員会に加え、神奈川県内の研究所や青少年センターなど、神奈川県の教育・研究機関の有機的な連携により、学校・地域の中核的な役割を担う理科教員(コア・サイエンス・ティーチャー: CST)の養成プログラムと認定基準について、神奈川県の統一プログラムを確立することを目指します。
さらに、横浜国立大学に設置する高度理科教員養成センター(仮称)を中核にした養成プログラムの実施と人材活用の方策提案を積極的に行うことで、小中学校教員への人材活用が難しかった理系人材の活用と教員養成学部出身者や現職教員の理科指導力の強化とを組み合せ、学校教育現場で有効的な人材活用をおこなう「神奈川CST」プランを確立することを目的としております。

連絡先

横浜国立大学 教育人間科学部
CST養成プログラム実施委員会事務局

E-mail : cst-office(アットマークを記入して下さい)ml.ynu.ac.jp

(担当:学務部教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ