1. YNU
  2. 教育・研究
  3. 教育・研究プロジェクト
  4. 大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム

次代の文化を創造する新進芸術家育成事業

本事業は,新進芸術家等が基礎や技術を磨いていくために必要な舞台などの実践の機会や,広い視野,広い見聞,広い分野に関する知識を身につける場を提供するとともにその基盤整備を図り,次代を担い,世界に通用する創造性豊かな新進芸術家の育成等に資するものです。

平成25年度採択


「複合アートイベント『パノラマプロジェクト』による若手芸術家育成」事業
取組期間:平成25年7月~平成26年3月
代表校:横浜国立大学
連携校:京都造形芸術大学
【取組の概要】 横浜国立大学と京都造形芸術大学が連携し世界に発信する複合アートイベント『パノラマプロジェクト』を通して若手俳優、演奏家、美術家の育成を行う。『パノラマプロジェクト』は、美術家やなぎみわ(京都造形芸術大学美術工芸学科)、演出家中野敦之(横浜国立大学)のコラボレーションによる演劇作品『パノラマ京都篇』の上演、現代音楽家三輪眞弘(情報科学芸術大学院大学)によるオリジナルの音楽パフォーマンス、吉岡洋(京都大学)および伊藤高志、稲垣隆士(京都造形芸術大学)、Kosugi+Ando(小杉美穂子(フリー)+安藤泰彦(情報科学芸術大学院大学))による美術インスタレーション作品『Beaconパノラマ版』、三遊亭あほまろ(工藤裕司)によるジオラマ展示と無声映画『ゆめまち観音』上映、木下直之(東京大学)らによるレクチャー、シンポジウムなどを、明治時代に浅草に出現した「パノラマ館」をめぐって連続的に実施するアートプロジェクトである。公募された若手芸術家は横浜都市文化ラボの主催するセミナー/ワークショップを経てイベントの実施まで参加する。

(担当:横浜都市文化ラボ)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ