1. YNU
  2. 教育・研究
  3. 教育・研究プロジェクト
  4. 過去に採択されたプロジェクト
  5. 現代的教育ニーズ取組支援プログラム【現代GP】

現代的教育ニーズ取組支援プログラム【現代GP】

「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」は、社会的要請の強い政策課題に対応したテーマ設定を行い、各大学等から申請された取組の中から選定された取組を広く社会に情報提供することや財政支援を行うことにより、これからの時代を担う優れた人材の養成を推進しています。

現代的教育ニーズ取組支援プログラム【現代GP】に採択された横浜国立大学の拠点

平成19年度採択(1件)

テーマ:実践的キャリア教育の推進


横浜・協働方式による実践的キャリア教育
取組期間:平成19年度~平成21年度
担当者:鈴木 邦雄 学長
取組学部等:全学

【取組の概要】
在学期間を通じ、自己の能力開発・学習の定期的確認、自己実現のための設計力並びに実行力を培うツールとして平成18年度に「キャリアデザインファイル」を本学が開発した。本取組は、学生が自律的に継続して作成するこのツールをつなぎ手として、キースキルの学習、教員やキャリア相談員との協働学習・個別指導、また体験教育も含めた協働により、専門知識、社会人としての基本的素養並びにリーダーシップ力を習得すると共に、職業観、社会観、人生観の醸成をはかる。全学の取組と、学部の特性を踏まえたキャリア教育を効果的に実施するため、キャリア教育推進本部を設置する。 ファイルをツールとして、学生・教職員・社会を有機的に組み合わせた横浜・協働方式の実践的キャリア教育体制を構築する。これにより、社会人として質の高い人生を送るのに必要な職業能力を身につけ、自己啓発力と広い視野を持ったリーダーとして社会で活躍する人材を養成できる。
YNUのキャリア教育別カテゴリーへ移動します

平成16年度採択(2件)

テーマ:地域活性化への貢献


地域交流科目による学生参画型実践教育−都市再生を目指す地域連携−
取組期間:平成16年度
担当者:工学研究院 田村 明弘 教授

【取組の概要】
横浜の都市再生を目指し、地元商店街の活性化、臨海部の産業再生、中心オフィス街の遊休空間の転換、福祉など新しいサービス産業の開拓、産業地域も含む広範な地域における緑の再生等の具体的な取り組みを市町村(特別区を含む)と民間(企業、市民、NPOなど)の連携(Public-Private- Partnership:PPP)の中で推進し、横浜地域をフィールドとして学生参画型の実践教育を展開するものです。従来の学部の枠を超えて建築、都市計画、地方財政、地域開発などをコアとし工学、経済学、環境学、教育学などが融合した地域交流科目を構築し、地域に根ざした課題解決型の人材養成を目指します。
地域交流科目による学生参画型実践教育−都市再生を目指す地域連携−ウェブサイトPDFファイルが開きます

テーマ:ITを活用した実践的遠隔教育(e-Learning)


経営学eラーニングの開発と実践−ゲーミングメソッドを基盤として−
取組期間:平成16年度
担当者:経営学部 白井 宏明 教授

【取組の概要】
ゲーミングメソッドを基盤とし、インターネット技術によって実現される「経営学eラーニング・プログラム」を開発・実践し、従来の(1)講義、(2)ケース、に加えて、(3)ビジネスゲームによる体験学習、の三位一体化で教育方法を革新するものです。
横浜国立大学ビジネスゲーム ウェブサイト

(担当:学務部教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ