大学院教育改革支援プログラム

「組織的な大学院教育改革推進プログラム」は、社会の様々な分野で幅広く活躍する高度な人材を育成する大学院博士課程、修士課程を対象として、優れた組織的・体系的な教育取組に対して重点的な支援を行うことにより、大学院教育の実質化及びこれを通じた国際的教育環境の醸成を推進することを目的とし、公募は人社系、理工農系、医療系の3分野に区分して行われました。

大学院教育改革支援プログラムに採択された横浜国立大学の拠点

平成19年度採択 (本学単独申請3件採択)

人社系


経済・工学連携による金融プログラム
取組期間:平成19年度~平成21年度
担当者:国際社会科学研究科 小林 正人 教授
取組研究科・専攻名:国際社会科学研究科 経済学専攻 グローバル経済専攻
取組の概要:経済・工学連携による金融プログラムPDFファイルが開きます(194KB)

貿易と開発に関わる専門人材養成プログラム
取組期間:平成19年度~平成21年度
担当者:国際社会科学研究科 池田 龍彦 教授
取組研究科・専攻名:国際社会科学研究科 国際開発専攻
取組の概要:貿易と開発に関わる専門人材養成プログラムPDFファイルが開きます(442KB)

理工農系


医療・福祉分野で活躍できる情報系人材育成
取組期間:平成19年度~平成21年度
担当者:環境情報研究院 有澤 博 教授
取組研究科・専攻名:環境情報学府 情報メディア環境学専攻
取組の概要:医療・福祉分野で活躍できる情報系人材育成新しいウィンドウが開きます

(担当:学務部教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ