1. YNU
  2. 教育・研究
  3. 教育・研究プロジェクト
  4. 「リスク共生型環境再生リーダー育成」プログラム

「リスク共生型環境再生リーダー育成」プログラム

「リスク共生型環境再生リーダー育成」は、文科省の受託事業として科学技術振興機構(JST)が実施する「社会システム改革と研究開発の一体的推進」先導的創造科学技術開発補助金(旧科学技術戦略推進費補助金)の「戦略的環境リーダー育成拠点形成」として平成21年度に採択され、平成25年度まで実施される横浜国立大学の事業です。

「リスク共生型環境再生リーダー育成」プログラムの概要

  • アジア・アフリカ地域における生態リスクと環境被害の拡大を抑制あるいは環境再生するために、リスク共生型の研究・教育を学際的に発展させ、高い実効力・実践力を有する国際環境リーダーを養成するための国際教育プログラムです。
  • 長期コースと短期コースの2種類があり、学・産・NGO連携型の実践的な学際プログラムが用意されます。
  • 3ヵ年の長期コースにおいては、リスク共生に力点をおく環境情報学府の学問体系、そして全学大学院の留学生特別コースを有機的に連携させ、即戦力として環境問 題 の解決に寄与しうる人材が育成されます。他方、1年間の短期コースでは、連携大学および横浜国立大教員指導によるフィールド研究と日本招聘による実地トレーニングを行い、海外連携大学の優秀な学生を対象に、短期集中方式によって実践的環境リーダーが養成されます。両コースとも,アジア・アフリカの自国にいながら、横浜国大で開発 された 世界最新鋭の「双方向ハイビジョン遠隔講義システム」を用いた、学・産・NGOトップによるコア課目「リスク共生型環境 再生リーダー学」に参加して、広い環境リーダー学の基盤を身につけます。

期待される波及効果

  • 本プログラムの波及効果として、アジア・アフリカ地域に適合する「リスク共生型」の環境教育プログラムが確立されること、そしてリスク共生型の環境再生システムとその管理手法に関する学術的研究成果がわが国からアジア・アフリカ諸国へと国際的に発信されることがあげられます。
  • 複雑かつ利害が錯綜する途上国での環境問題の解決のために、実践的かつ効果的な処方箋が提示されるほか、本プログラムが高度な専門性と問題解決の実践力を有し、しかも生態系調和型の環境戦略という貴重な世界モデルを提示することが期待されています。

「戦略的環境リーダー育成拠点形成」

長期戦略指針「イノベーション25」に掲げる「世界に開かれた大学づくり」と「世界の環境リーダーの育成」の一環として、また、「科学技術外交の強化に向けて」に掲げる「世界の環境リーダーの育成」を推進するため、途上国における環境問題の解決に向けたリーダーシップを発揮する人材(環境リーダー)を育成する拠点を形成する事業

(担当:環境情報研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ