1. YNU
  2. 入試・入学
  3. 横浜国立大学を知る
  4. YNUのアドミッションポリシー

YNUのアドミッションポリシー

― 横浜国立大学では、社会に貢献できる意欲的な学生を求めます ―


真の実力を得たい!
社会においてリーダー的存在になる真の実力を得たい人
洞察力を磨きたい!
科学的探求心を尊重し、チャレンジ精神に基づく研究・創造の場を通して、深い知識と洞察力を獲得したい人
世界の舞台で活躍したい!
国際性溢れる環境の中で、外国人学生と共にコミュニケーション能力を高め、世界に発信・飛躍したい人
高度な専門知識で社会に貢献したい!
大学院に進学し、さらに高度な専門的知識を身につけ、専門的な職種や職業で社会に貢献したい人


自然に恵まれた常盤台キャンパスで学問を学び、世界中からの友と語らいつつ、柔軟な発想と総合的・創造的な課題探求・解決能力を身につけ、社会の中核となってグローバルな共生社会に貢献したいと思う人を求めています。

横浜国立大学学士課程の教育目標

横浜国立大学の4つの精神―実践性・先進性・開放性・国際性―を踏まえて、本学は大学全体としての学士教育の更なる充実に向けた教育目標を定め、学内の各組織はそれぞれが担うべき学士課程教育の目標および育成人材像を明確にして、体系的な教育を実施します。

  1. 学芸・諸科学に関する豊かな知的資産を学び、それらを活かす高度な実践的能力を備え、社会の中核となって活躍できる人材を育成する
  2. 研究成果に基づく教育を通して、豊かな知性・感性を養うとともに諸課題を解決に導く思考力や判断力を磨く
  3. 社会・文化・自然の多様性を尊重しつつ国や社会を超えて多様な人々と交流し、共生社会の実現を図る高いコミュニケーション能力を養う
  4. 高い倫理観を養いつつ積極的に課題を探求し、解決する強い意欲や責任感を高める

本学の詳細な教育目標・方針については、『「学士力」を磨く YNU initiative』 をご覧ください。

ページの先頭へ別カテゴリーへ移動します

横浜国立大学各学部の入学者受入方針(アドミッションポリシー)

教育人間科学部

教育人間科学部は、問題意識を抱き、未来を切り拓いていこうとする人を求めます。

教育人間科学部は、高等学校までの基礎的な学力をしっかりと身につけた上で、複雑化する教育・文化・社会の現状に強い知的関心や問題意識を持ち、自ら積極的に関与し未来を切り拓いていこうとする高い志をもった人を求めています。

社会の様々な矛盾と連動する教育の諸課題に強い関心や問題意識を持ち、自ら教育の場に身を置き、個々の子どもたちの成長を支えつつ、教育の未来を切り拓くことで社会に貢献し、自己実現を図りたい人
現代の先端的な芸術・文化やサブカルチャーなどに広い関心や問題意識を持ち、種々のメディアを活用しつつ、自ら表現者として、あるいは公共の側から創造活動を支援する者として社会に貢献し、自己実現を図りたい人
流動的で多元化する社会に深い関心や問題意識を持ち、外国語能力を含む高いコミュニケーション能力を身につけ、多様な人々や異なる文化の間に媒介者として立って活動することで、社会に貢献し、自己実現を図りたい人

      

教育人間科学部の教育目標

      

横浜国立大学は、大学全体の理念として「人類の福祉と社会の持続的発展に貢献する」ことを謳っています。 教育人間科学部は、この理念を実現していくために、学校教育課程、人間文化課程の2つの課程を通して、社会の中核となって活躍する人材の育成を目指しています。

学校教育課程
国際化、情報化などを背景に、急速に変化する現代社会における教育の課題を解決していくことのできる実践的・総合的な資質を備えた教員の育成をめざします。
人間文化課程
現代の社会・文化の抱える複雑な課題の発見の能力、社会・文化の持続的な発展を支える活動の企画立案と運営の能力、異文化間の媒介者として双方向的に活動できる能力などを備えた人材の養成を目的とします。

ページの先頭へ

経済学部

経済学部では、実践的「知」を身に付けたい意欲的な学生を求めています。

経済学部は、数理的・論理的分析と国際コミュニケーション能力を重視していることから、入学者は、高等学校における基本科目の幅広い学習に加え、数学や英語の基礎的学力を備えていることが必要です。その上で、次のような意欲ある人を求めています。

情報を自らの思考で編集し、自ら発信したい!
必要な情報にアクセスするだけではなく、自己の思考によってそれを編集し、更には自ら情報を発信していく力をつけようとする人
実践力を身につけたい!
知的好奇心にあふれるとともに、新しい見方やアイディアを具体化していくプラグマティックな能力を身につけようとする人


経済学部の教育目標

1923年の横浜高商創設以来、理論と現実のバランスのとれた教育、貿易港横浜を背景とした国際色豊かな教育、数学・外国語・情報処理の基礎的学力を習得させる教育を培ってきました。こうした伝統に立ち、現代の課題と向き合う研究を活かし、経済学に基づく明晰な理論的思考力、地域固有の歴史や制度を深く洞察できる能力、グローバル化する経済の仕組みを理解できる広い国際的視野を備えた人材の育成を目指します。


経済システム学科 経済コース
市場システムや公共経済システムなどの経済社会の仕組みに対する体系的な認識力と分析力を養い、問題解決力を身につけることを目指します。
経済システム学科 法と経済コース
法と経済の相互作用を学び、法律知識と複眼的発想を活かして社会で活躍することを目指します。
国際経済学科
グローバル化する経済の仕組みを理解するとともに、各地域に固有の歴史・制度・文化・環境などに対する深い理解を得ることを目指します。

ページの先頭へ

経営学部

経営学部では、社会の発展に貢献したい意欲的な学生を求めています。

企業は多面的な要素(ヒト、モノ、カネ、情報)と活動(研究開発、調達、生産、販売など)から構成され、複雑化しています。企業や組織の抱える問題に対する答えを出すのは容易ではありません。その答えを探す努力を惜しまない、次のような学生を求めています。

  • 企業をはじめとする各種組織の経営に関する問題に興味のある人
  • 興味を持ったら、その中の何かに対して疑問を持てる人
  • 疑問を持ったら自ら解決に向かって行動できる人
  • その過程で困難に出会っても積極的に立ち向かえる人


経営学部の教育目標

理論と実践の統合を追求する教育を実施することで、企業・組織が行う多様な計画・活動・運営・評価に関する問題発見と、その創造的解決ができる能力を養います。それを通じて今日の高度に複雑化した社会の中で、情報を的確に分析・判断し、環境にも配慮しつつ、国際的にも活躍できる人材を育成します。

経営学科
国際化・情報化・環境問題のような21世紀の諸課題に対処するという観点から、新しい企業経営の方向性を探究することのできる、多角的な視野を持った人材を育成します。
会計・情報学科
ビジネスシーンで必要な会計情報の作成、利用、およびその組織に及ぼす影響を理解できるビジネス・コミュニケーションに長けた人材を育成します。また、会計のスペシャリストへの道も開かれています。
経営システム科学科
数量的手法や情報技術を用いて、経営資源を有効に活用し、経済成果を生むための「科学的手法」を身につけ、合理的な問題解決能力を有する人材を育成します。
国際経営学科
企業の国際的活動やその根底にある社会経済的制度について、十分な理解力とコミュニケーション能力を有する、国際的に活躍できる人材を育成します。

ページの先頭へ

理工学部

理工学部では、理工学の学びを通して実践的「知」を身につけたい意欲的な学生を求めます。

  • 自然科学の真理探究や独創的なもの作りを通して、自ら成長・発展しようとする人
  • 何ごとにも旺盛な好奇心を持ち、失敗をおそれない、チャレンジ精神にあふれている人
  • 新しい時代に対応できる理工系のセンスと国際的な視野を磨こうとする人
  • 胸がときめくようなアイデアを確かな知識と技術で実現しようとする人
  • 我が国が世界から信頼される存在となるよう、自分の仕事を通じて貢献したいと願う人


理工学部の教育目標

地球規模の環境問題など社会の要請を把握し、自然科学の真理を追究し、産業を発展させ、輝ける未来を切り開くために研究者・技術者の果たすべき役割はより大きくなっています。実践的学術の国際拠点を目指す本学・理工学部では、自らの専門分野における専門能力と高い倫理性を持ち、広く科学技術に目を向ける進取の精神に富む人材育成を目的とします。


入学者受入方針

機械工学・材料系学科の入学者受入方針
機械工学または材料工学に興味を持ち、それらを用いて環境に調和した心豊かな社会を構築することに貢献したい人を求めます。自由と責任を有する大人としての自律性と、基盤となる数学・物理・化学の基礎的能力とを持ち、大学において自らの能力を高めようとする意欲を持つ人を求めます。
  1. 機械工学教育プログラム
    • 現代の快適で安全な社会を支える自動車、航空機、ロボット、エネルギー機器、福祉・医療機器などの各種機械や、そのシステムに興味を持つ人
    • 未来社会を担う革新的な機械を創り出したい人、また人類が抱えるエネルギー・環境などの諸問題を新しい技術により解決したい人
  2. 材料工学教育プログラム
    • 物理や化学に基づいた、材料の様々な性質を生み出す仕組みの解明に興味のある人
    • 材料工学に強い関心を持ち、新材料や新規機器の開発分野で活躍したいと希望する人
化学・生命系学科の入学者受入方針
自然の真理追究・ものづくり・エネルギー・環境・安全・生命に関心を抱き、自然科学を真摯に学ぼうとする熱意とそれに相応しい素養を持ち、豊かな21世紀における人間社会の構築を目指したいと考えている人を求めます。
向学心に燃え、また発想が豊かで柔軟性のある応用力を発揮できる人を求めます。
  1. 化学教育プログラム
    • 化学の基本知識を中心に据え、あらゆる自然科学の知識を活用して物質の世界の真理を原子や分子レベルから探求する科学研究者、および最先端化学とその利用に関わる科学技術者を目指す人
  2. 化学応用教育プログラム
    • 化学の基本知識を応用し、物理を活用して、高度な化学反応プロセスや先端材料、新エネルギー材料の開発、実践的な安全管理や環境創出といった未来社会への課題解決に貢献できる技術者・研究者を目指す人
  3. バイオ教育プログラム
    • 生物学、化学、物理学に立脚した現代生物学の方法を通して生命を理解し、その成果を食料問題や生命・医療などのグローバルセキュリティ課題の解決に応用できる技術者・研究者を目指す人
建築都市・環境系学科の入学者受入方針
建築から、都市、地域生態系、海洋、地球、宇宙へと広がる人々が暮らし活動する空間とその環境に興味を抱き、創造性、自発性、探究心、行動力にあふれた人を求めます。
  1. 建築教育プログラム
    • 建築の思想や芸術から工学まで、建築に関して幅広く学び、未だに存在しない空間や建築を都市の中に構想できるような建築家になりたい人
    • 自然災害に強く安全な建築や街づくりに貢献したいと願い、そこに集い住まう人たちの生命と財産を守ることができる建築構造エンジニアや建築構造デザイナーになりたい人
    • 自然と調和した住空間のデザインを身につけ、地球環境との均衡を保ちつつ人々の健康で快適な生活を実現できる建築環境設備エンジニアになりたい人
    • 都市の歴史的変遷や成り立ちを知り、未来社会に向けた持続可能な新しい街づくりを実践できる都市計画プランナーや都市デザイナーになりたい人
  2. 都市基盤教育プログラム
    • 自然環境との調和や共生など地球的観点にたってより良い都市や国土の創造に興味がある人
    • シビルエンジニアとして、社会基盤の整備、維持管理、運用を通して、都市や社会生活を豊かにしたい人
    • 発展途上国の社会基盤整備や地球規模の環境保全を通して、国際的に活躍したい人
  3. 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム
    • 環境と調和しつつ世界中を駆けめぐる”未来型の船舶や航空機”、世界中に潜在する海洋エネルギーや海底資源の利用を推進するための”斬新な海洋構造物”の設計エンジニアになりたい人
    • 海洋から大気圏さらに宇宙を活躍の場とする”船舶、航空機、人工衛星の運用”の最適化を通して、人や物質の流れを作り、世界を一つにすることを目指したい人
  4. 地球生態学教育プログラム
     身近な自然や、生物多様性、地球温暖化などに興味を持っていて、以下のような進路をめざす人を求めます。
    • 科学者や技術者、社会のリーダーとして地域の自然環境問題の科学的な解決を目指そうとする人
    • 研究者として環境科学や関連する自然科学を発展させたり、高等学校理科教員として自然についての知識を次世代に伝えたいと考えている人
数物・電子情報系学科の入学者受入方針
数学、物理の基本原理を深く理解し、新しい創造的な科学や技術を創出しようとする気概があって、理工学の諸分野で国内外を問わず幅広く活躍して豊かな未来を作り出そうという意欲に満ちあふれた人を求めます。また、数学、物理、光や電気・電子、情報について強い関心や高い能力を持つ人を求めます。
  1. 数理科学教育プログラム
    • 現代の数学である数理科学を縦横に活用して社会に有為な人材になりたい人、また、将来、その発展に貢献することで国際的な活躍をしたい人
    • 数学と物理、コンピュータの活用に興味があり、コンピュータグラフィックス、コンピュータシミュレーション、画像処理、数理モデリングなどを用い、世の中の複雑な現象・問題を理解・解決したい人
  2. 物理工学教育プログラム
    • 宇宙、素粒子、様々な物質系などの性質を物理学の手法を用いて探求することに関心のある人
    • 物理学を深く理解したうえで、工学の幅広い分野で常に原理に立ち返って新しい科学技術を生み出したい人
  3. 電子情報システム教育プログラム
    • 電気・電子・通信・情報工学などに興味があり、これらの分野の研究者・技術者として、社会で役立つ実践力を身につけたい人
    • 高度情報化社会を支える新しい先端的技術を創り出すことを目指す人
  4. 情報工学教育プログラム
    • 情報学・情報工学の基礎から応用までを身につけ、自ら先端的な情報理論・処理方式・システムを創造して社会に貢献する強い意欲をもった人
    • 人の優れた知能や能力をコンピュータ・機械で実現し、人を支援することで、人を中心とした豊かで安全・安心な未来社会を実現したいと考えている人

(担当:学務・国際部 入試課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ