[an error occurred while processing this directive]
  1. 横浜国立大学 経済学部
  2. 国際交流・留学
  3. 国際交流委員会からのお知らせ
  4. 第11回欧州英語討論会実施報告 開催地:ブカレスト・アテネ

第11回欧州英語討論会実施報告 開催地:ブカレスト・アテネ

[an error occurred while processing this directive]
Historical tour of Bucharest

Historical tour of Bucharest

2016年10月29日から11月6日にかけて、経済学部はルーマニアとギリシャで欧州英語討論会を実施しました。今年で11年目を迎えた欧州英語討論会は、これまでにヨーロッパ13カ国、21大学で開催されました。今年度、欧州英語討論会はルーマニアのブカレスト大学外国語学部日本語学科とギリシャのアテネ大学英文・英語学部で実施されました。

本学部生10名は、まずブカレスト大学を訪問し、「大学授業料の無償化」と「移民労働者」について経済学的な見地から討論を持ちました。前者のトピックについて、YNUメンバーはドイツの学費制度を比較分析し、日本で大学授業料を免除した場合の経済的影響や問題を説明しました。後者のトピックについては、計量経済学的な手法で、移民労働者の流入は国内労働市場にマイナスの影響をほとんど与えない、もしくは全く与えないと証明しました。ブカレスト大学の学生もYNUのプレゼンテーションに大変関心を示し、「どうしたら外国人が仕事を求めて日本に来るようになると思いますか?」というような興味深い質問が次から次へ続きました。

YNU presenters

YNU presenters

Presentation by UB students

Presentation by UB students

Euro-Japan Dialogue audience in Bucharest

Euro-Japan Dialogue audience in Bucharest

ブカレスト大学では経済に関したトピックだけでなく、文化的なトピックについてもディスカッションしました。特に「結婚と葬式」についてはお互いの国のしきたりについて知らないことも多く有益なものでした。結婚式に関してですが、本学部生には「ルーマニアの花嫁誘拐」の風習にかなり興味をひかれたようです。プレゼンテーション後、共通点や相違点について分析し意見交換しました。

Company visit to Makita

Company visit to Makita

ルーマニアでは日本の電気工具メーカーの株式会社マキタを訪問しました。同社はまさしくグローバルに事業を展開する企業で、EUではドイツ、英国、ルーマニアに工場があります。企業訪問したYNU生とブカレスト大学生は、工場見学を通して日本とルーマニアの経済的な繋がりを認識しました。学生たちは多言語・多国籍企業で働く労働者が遭遇するコミュニケーション上の問題についても活発な議論を行いました。

At University of Athens

At University of Athens

11月2日アテネに移動した途端、欧州英語討論会メンバーは、ギリシャは未だに難題に直面していることを肌で感じました。メンバーがアテネ大学を訪問すると、アテネ大学の学生たちが電撃ストライキを決行し、ピケラインが張り廻らされていたのです。討論会を開催するためにはるばる日本から来たと告げると、ストライキ主催者の学生たちは、YNU生とアテネ大学の討論会参加者を特別にキャンパスに入ることを許可してくれました。討論会は私たち以外誰もいない閑散としたキャンパスで開催され、メンバーはユーロ圏危機がもたらした問題にギリシャの討論会参加者たちが直面していることを実感しました。

アテネでのディスカッションのメイン・トピックは、「多言語社会における経済的恩恵」でした。アテネ大学側のプレゼンテーションは “multlingualism” (多言語主義)と“pluraligualism” (複言語主義)の用語について詳しく解説してから、労働者の言語能力が乏しいと企業がどのような経済的損失を受けるかについて例を挙げて説明しました。一方、YNU側は日本における少数言語(アイヌ語、沖縄語、ポルトガル語など)について概説し、言わずと知れた日本人の英語力不足とそれに伴う経済面での副次的影響について論じました。その後、ギリシャ社会と日本社会における英語が担う役割についても活発に議論が交わされました。

ブカレストでもアテネでも現地の大学生がYNU生を歴史や文化について説明しながら市内の名所旧跡を案内してくれました。市内視察後、お互いに打ち解け、様々な話題で話し合う機会もあり、交流が促進されました。2016年度欧州英語討論会の大成功を収めることができのは討論会開催を受け入れてくださったブカレスト大学およびアテネ大学のご尽力とホスピタリティーのおかげです。両大学の関係者の皆様に心より感謝申しあげます。

すでに第12回欧州英語討論会に向けた準備が進められており、次回はエストニアのタリン大学とリトアニアのヴィリニュス大学を訪問する予定です。

Exploring Bucharest

Exploring Bucharest

The YNU chorot in Athens

The YNU chorot in Athens


ページの先頭へ

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]