1. YNU
  2. イベント一覧
  3. 日韓共同ワークショップ 『芸術と社会―クシシュトフ・ヴォディチコ展をめぐって』

日韓共同ワークショップ 『芸術と社会―クシシュトフ・ヴォディチコ展をめぐって』

日時

2017年8月26日(土) 13:00-17:30

場所

国立ソウル現代美術館第6展示室

主催

国立ソウル現代美術館MMCA・横浜国立大学

プログラム

第一部:日本とヴォディチコ(13:00-14:10)
13:00主催者挨拶
13:10【講演1】Krzysztof Wodiczkoとの出会い―サバイバル・プロジェクション2011
講師:室井 尚(むろい ひさし)/横浜国立大学教授・哲学
概要:私がヴォディチコさんと知り合ったのは、2001年の第一回ヨコハマトリエンナーレの時です。それから10年後の2011年に、二人は三日間の国際会議を行うとともに、日本の震災と津波の被災者の声を集めたプロジェクション作品「Survival Projection 2011」を共同制作しました。そして今また二人は日本で公開する新作の共同制作に取り掛かっています。ヴォディチコさんと私のこれまでのお付き合いについて、彼の作品展開と絡めながらお話しします。
13:40【講演2】芸術と社会—Krzysztof Wodiczkoをめぐって
講師:吉岡 洋(よしおか ひろし)/京都大学こころの未来研究センター教授・美学
概要:芸術と社会とは、どのような関係にあるのでしょうか? 社会的な芸術行為の持つ意味とは、芸術ではない単なる社会的メッセージとは、どのように異なるのでしょうか。そもそも社会的な主張を、なぜ「芸術」という形で行わなければならないのでしょうか? そうした問いについて、クシシュトフ・ヴォディチコのいくつかの作品――ホームレス・ヴィークル、ディスアーマー、さまざまなパブリック・プロジェクションの試み――を通して考えたいと思います。
  (挨拶10分+各講演20分+質疑10分)
14:00-14:30 休憩
 

第二部:アートプロジェクトと社会—韓国と日本の状況から考える (14:30-17:20)
司会:加須屋明子(美術史/京都市立芸術大学教授)
14:30-15:05 日本チーム1 プレゼン20分+議論15分
15:05-15:40 韓国チーム1 プレゼン20分+議論15分 
※ ここでは主としてアートの文脈から社会に介入するアートの系譜や、日本における社会的なアート作品などをヴォディチコ作品との比較において論じます。
15:40-16:10 休憩+時間調整
16:10-16:45 日本チーム2 プレゼン20分+議論15分 
16:45-17:20 韓国チーム2 プレゼン20分+議論15分 
※ ここでは主として政治と社会的状況の文脈から政治的行動とアートとの役割について、ヴォディチコ作品を通して論じます。
17:20-17:30 総括と閉会の挨拶

Japan-Korea Collaborative Workshop
Art and Society –thinking through Krzysztof Wodiczko’s works
Date: Aug. 26, 2017 13:00-17:30
Place: National Museum of Modern and Contemporary Art (MMCA)
Organized by MMCA and Yokohama National University
13:00-14:10 Greetings by the organizers
Part 1: Wodiczko in Japan
13:10-13:40 Lecture 1:
The Encounter with Krzysztof Wodiczko --Survival Projection 2011
Hisashi MUROI (Philosophy, Yokohama National University)
13:40-14:10 Lecture 2:
Art and Society – on Wodiczko’s works
Hiroshi YOSHIOKA (Aesthetics, Kyoto University)
14:10-14:30 Break
Part 2: Art Project and Society – thinking from the situation of Korea and Japan
Chair: Akiko KASUYA (Art History, Kyoto City University of Art)
λ From the viewpoint of Contemporary Art
14:30-15:05 Session 1 (Japanese team): 20 minutes presentation +15 minutes discussion
15:05-15:40 Session 2 (Korean team): 20 minutes presentation +15 minutes discussion
15:40-16:10 Break
λ From the viewpoint of Political Situation
16:10-16:45 Session 3 (Japanese team): 20 minutes presentation +15 minutes discussion
16:45-17:20 Session 4 (Korean team): 20 minutes presentation +15 minutes discussion
17:20-17:30 Conclusion and Closing

お問い合わせ先

横浜都市文化ラボ
電話番号:045-339-3418
メールアドレス:ylabo208gmail.com(@を半角に変更してください)

関連リンク

(担当:教育学部 総務係)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ