1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 教育学部で沖縄県進学力グレードアップ推進事業が行われました

教育学部で沖縄県進学力グレードアップ推進事業が行われました

10月19日に、教育学部において沖縄県進学力グレードアップ推進事業が行われました。沖縄県進学力グレードアップ事業とは、沖縄県の高校生の国公立大学等への進学を推進するために、選抜された高校生たちが首都圏や関西地区の大学等を訪問し、模擬講義を受けたり、様々な体験をしたりして研鑽を深めるものです。今回は、理系コースの高校2年生38名と引率の先生方や教育コーディネーターの方々5名が、横浜国立大学教育学部を訪問しました。

始めに、教育学部 両角達男教授による模擬講義「数学科教育法入門」が行われました。授業では、3つの事例をもとに「小中高の算数・数学のつながり」について考え、議論が展開されました。いくつかの活動を振り返ったり、ことばをつむいだりすることを通して、高校生たちは、算数の内容の奥深さを感じたり、発見した事柄の証明に夢中になったりしていました。
模擬授業の様子1

模擬授業の様子1

模擬授業の様子2

模擬授業の様子2

続いて、5つのグループに分かれて、「おもしろい」と感じた算数・数学の内容について、高校生がプレゼンテーションをすることが行われました。教育学部数学専攻の4年生や大学院生による司会のもと、活発なやりとりが行われます。例えば、微分を学ぶことを通して、数学と物理学との関わりを実感し始めたという意見等がありました。
その後、グループごとに、キャンパス見学と学食体験が行われました。

最後に、両角教授から、理系も強い小学校の先生や、専門性豊かな中学校・高等学校数学の先生が学校教育現場で一層求められているという話がありました。また、数学の授業や教職に関する質疑応答も行われました。

(担当:教育学部)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ