1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞

大学院工学府の学生が「Best Paper Award」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

受賞者と受賞ポスター

2011年6月26日~7月1日にアンナーバー(米国)にて開催された
The 16th International Conference on Luminescence (ICL'11)において
大学院工学府 博士課程前期2年 佐竹開さん(指導教員:武田淳教授、片山
郁文助教)がBest Paper Award(および賞金250ドル)を受賞しました。
受賞対象となった論文は、「Dynamics and efficiency of energy transfer
in light-harvesting π-conjugated small dendrimers 」です。
この論文では、超高速レーザーを用いたイメージング分光及び発光分光から
光合成を模した光捕集性デンドリマーの高効率エネルギー移動を明らかにしました。
この受賞は、佐竹さんの発表内容と英語によるプレゼンテーション能力が高く
評価された結果です。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ