1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府の学生がナノ学会第10回大会で「若手優秀ポスター発表賞」を受賞

大学院工学府の学生がナノ学会第10回大会で「若手優秀ポスター発表賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

受賞者と賞状

2012年6月14-16日の期間、大阪大学でナノ学会第10回大会が開催され、物理工学コース修士2年の竹内宏賢さん(指導担当 一柳優子准教授)が、若手優秀ポスター発表賞を受賞しました。ナノ学会大会は、日本のナノサイエンスおよびナノテクノロジーの総合学会を目指して、毎年全国各地で開催されている学際性の高い会議です。竹内さんは「磁気ハイパーサーミアに向けたM-ZnFe2O4 (M=Fe , Ni)の磁気特性及び発熱特性」というタイトルでナノ微粒子の生成から物性評価、物理的考察、そしてがん温熱療法への応用を考慮した発熱特性などについて研究成果を発表しました。本賞はレベルの高い130件以上の発表の中から特に優秀と認められたものです。彼のポスターには訪問者が途切れることなく注目を集めており、パワー全開で説明を続けていました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ