1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 大学院工学府生の三池和成さん(物理工学コース博士課程前期2年)がBest Poster Awardを受賞

大学院工学府生の三池和成さん(物理工学コース博士課程前期2年)がBest Poster Awardを受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

受賞した三池さん

ポスター会場にて白熱した議論が展開された

 2013年11月7-9日の期間、九州工業大学でナノメディスンの国際シンポジウム7th International Symposium on Nanomedicineが開催され、物理工学コース修士2年の三池和成さん(指導担当 一柳優子准教授)が、優秀ポスター賞を受賞しました。

 この会議は、日米ナノメディスン交流協会が主催する、ナノ医療研究の先駆者が集結するレベルの高い会議です。
三池さんは「Magnetic Properties and MRI Contrast Effect on CoxFe3-xO4 Nanoparticles」というタイトルでナノ微粒子の生成から物性評価、そしてMRIシグナルと緩和能の測定結果について、磁気パラメータを考慮した研究の成果を発表しました。本賞は学生に限らず、各国の研究者の発表の中から特に優秀と認められたものです。彼のポスターには訪問者が途切れることなく注目を集めており、外国人研究者からの質問にも堂々と答え、全力で白熱した議論を展開していました。ほか2名の院生も受賞は逃したものの、著名な海外の研究者にも直接発表を聴いてもらい、高評価を得て充実した会議を体験することができました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ