1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生がAspen 2013で「Best Paper Award」を受賞

大学院工学府生がAspen 2013で「Best Paper Award」を受賞

受賞情報

賞状

 2013年11月12日(火) 〜 15日(金)に、国立台湾大学と国立台北科技大学が共催し、台北市で開催された国際会議 5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology (ASPEN2013)において、大学院工学府 博士課程前期1年青野 弘幸さん(指導教員:渕脇 大海 准教授)が、最も優れた論文に対して贈られる「Best Paper Award」を受賞しました。

 受賞対象となった発表題目は「Design and development of in-liquid micro robot with self-energy harvesting and self-propulsion functions - Study of coupled model of fluid dynamics and electro circuit and design of proof of concept prototype -」で、ボルタ電池の原理で自己発電することでエネルギーを獲得し、Combアクチュエータにより自己推進する液中マイクロロボットの理論解析に関する研究です。電気回路モデルと動力学モデルの連成解析により、必要機能や課題について詳細に検証されている事、テーマの斬新性、優秀な論文内容を評価され受賞に至りました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ