1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 工学部生が第48回日本水環境学会年会で「発表優秀賞」を受賞

工学部生が第48回日本水環境学会年会で「発表優秀賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 2014年 3月 17 - 19日に東北大学川内キャンパス(仙台市)で開催された「第 48回日本水環境学会年会」において、工学部物質工学科物質のシステムとデザインコース 4年の鈴木拓万さん(指導教員:環境情報研究院・亀屋隆志准教授)が発表優秀賞を受賞しました。

 受賞研究課題は「河川水中の農薬および農薬分解物の実態調査」であり、河川水中には農薬のみならず光分解や加水分解、生分解などによって生成する環境変化体が高濃度・高頻度に検出され得ることを広範囲に実証したものであり、化学物質の環境リスクを管理する上で環境変化体が重要な検討対象になり得ることを指摘した重要な研究成果と言えます。ポスター内容とプレゼンテーションの審査を経て優れた研究発表として評価され、全国の学部学生が集まった競争倍率約 10倍の難関の中を見事突破して受賞に至ったものです。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ