1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生がThe 2nd International Conference of D-Amino Acid Research(IDAR 2014)で「Best Poster Award」を受賞

大学院工学府生がThe 2nd International Conference of D-Amino Acid Research(IDAR 2014)で「Best Poster Award」を受賞

受賞情報

賞状

 大学院工学府の博士課程前期1年北橋 由貴さん(指導教員:川村 出 准教授、内藤 晶 教授)が、2014年9月2日~5日に栃木県総合文化センターで開催されたThe 2nd International Conference of D-Amino Acid Research(IDAR 2014)でBest Poster Awardを受賞しました。

 受賞題目は”Synergistic antimicrobial effects and membrane disturbance induced by Bombinin H2 and H4 peptides from frog skin secretion”です。

 本研究ではペプチド鎖を構成するアミノ酸残基のひとつがD体のアミノ酸で構成されている抗菌ペプチドのボンビニンH4と、すべてL体で構成されているH2を混合させることで強い抗菌活性を発現することを発見し、そのことがペプチドによって細胞膜を乱す割合と相関していることを様々な分析法を駆使して明らかにしました。

 ペプチドの中のたったひとつのアミノ酸残基の光学活性に注目した研究内容と興味深い結果について会議中に多くの方々に興味を持っていただきました。この賞は全54件のポスター発表の中から選出されました。

(担当:大学院工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ