1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 工学研究院 島圭介准教授が第34回日本ロボット学会学術講演会で「ロボティクスシンポジア研究奨励賞」を受賞

工学研究院 島圭介准教授が第34回日本ロボット学会学術講演会で「ロボティクスシンポジア研究奨励賞」を受賞

受賞情報

賞状

メダル

 2016年 9月 8日に山形大学で開催された第 34回日本ロボット学会学術講演会において、工学研究院 島圭介准教授がロボティクスシンポジア奨励賞を受賞しました。

 受賞対象研究は 2016年 3月の第 21回ロボティクスシンポジアで発表した「運動機能リハビリテーションを目的とした筋電位駆動型ヒューマンヒューマンインタフェース」です。この研究では、リハビリテーション・運動学習支援を目的とし,金電位と電気刺激を用いてヒトからヒトへ運動情報を伝達する画期的な方法論として新規性・有用性が高く評価されました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ