1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生が第54回日本生物物理学会年会で「学生発表賞 」を受賞

大学院工学府生が第54回日本生物物理学会年会で「学生発表賞 」を受賞

受賞情報

賞状

 2016年 11月 25 ~ 27日につくば国際会議場で開催された第54回日本生物物理学会年会において、大学院工学府 機能発現工学専攻 先端物質化学コースの博士課程前期 2年 金田志穂さん(指導教員: 川村出 准教授)が、学生発表賞を受賞しました。

 発表タイトルは ”Specific Interaction of Cationic Antimicrobial Peptides Bombinin H2 and H4 with Leishmania Protozoa Mimetic Membrane” です。発表内容はリーシュマニア原虫模倣膜に対する抗菌ペプチド ボンビニン H2と H4の特異的な相互作用の解析です。カエルの皮膚から分泌されるボンビニン H2と H4はリーシュマニア原虫に対して抗菌的な活性を示すことが報告されていましたが、そのメカニズムはわかっていませんでした。金田さんは固体NMR分光法を用いた解析から、ペプチド濃度依存的に細胞膜の形態変化を引き起こすことを明らかにしました。

 この研究内容について英語によるショートプレゼンテーションとポスター発表を行い、優れた発表と認められたため、本年度から新設された第1回の学生発表賞を受賞するに至りました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ