1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生が第64回応用物理学会学術講演会で「Poster Award」を受賞

大学院工学府生が第64回応用物理学会学術講演会で「Poster Award」を受賞

受賞情報

賞状

 2017年 3月 14 - 17日の期間、パシフィコ横浜で第64回応用物理学会学術講演会が開催され、大学院工学府物理情報工学専攻物理工学コース博士課程前期 2年の石川智也さんらが(指導教員:一柳優子 准教授)Poster Awardを受賞しました。

 この学会は、日本国内でも最大の、物理から電気、機械、金属、化学など広い範囲にわたる学会で、Poster Awardは全てのポスター発表の中から優秀なポスター講演に与えられる賞です。 ポスターの内容と、ビジュアル、発表、質疑を総合的に審査し、決定されます。

 石川さんらのグループは「Mn0.8-xCoxZn0.2Fe2O4ナノ微粒子の磁気特性と磁気ハイパーサーミアおよびMR造影効果」というタイトルでフェライトナノ微粒子の組成を微妙に調整して生成し、物性評価、局所構造解析をまず詳細に行いました。そしてこの磁気ナノ微粒子を用いて治療と診断を同時に行う、新しい概念であるセラノスティクスを紹介しました。がん温熱療法としての交流磁場による発熱測定を分析し、シャーレで培養した乳がん細胞の死滅効果を確認し、さらに本微粒子が MRIシグナルや CTの造影剤の用途としての可能性を持つことを示しました。

 本賞は、数百におよぶポスター発表者の中から特に優秀と認められた貴重なものです。Poster Awardにノミネートされてからは、彼らのポスターには訪問者が途切れることなく注目され、しばらくすると最終選考候補のリボンが貼られ、エキサイティングな雰囲気の中でこれまで培ってきた研究成果を全力で発表していました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ