1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生が日本計算工学会で「論文奨励賞」を受賞

大学院工学府生が日本計算工学会で「論文奨励賞」を受賞

受賞情報

 2017年 5月 19日に開催された日本計算工学会の平成 29年度総会において、大学院工学府博士課程後期 3年の陳㬢さん(指導教員:川村恭己 教授、岡田哲男 教授)が日本計算工学会「論文奨励賞」を受賞しました。

 本賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者で、今後の発展を奨励することが適当と認められた 40歳未満の研究者を表彰するものです。陳さんが、日本計算工学会論文集に発表した論文「非正規分布の形状不確定性を考慮した確率有限要素法による構造解析手法の開発」が高く評価され、今回の受賞となりました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ