1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 工学研究院 新屋ひかり 助教と大野かおる 教授が ACCMS-VO12 で「Best Poster Presenter Award」を受賞

工学研究院 新屋ひかり 助教と大野かおる 教授が ACCMS-VO12 で「Best Poster Presenter Award」を受賞

受賞情報

賞状

 2017年 12月 17日(日)から 19日(火)まで東北大学で開催された The 12th General Meeting of Asian Consortium of Computational Materials Science - Virtual Organization ( ACCMS-VO12 ) で、大学院工学研究院知的構造の創生部門・物理工学分野の新屋ひかり 助教が大野かおる 教授との連名で Best Poster Presenter Award を受賞しました。

 受賞となった研究課題は First-principles understanding of Ferromagnetic Mechanism in Ge-based DMSs(邦題:Ge希薄磁性半導体の磁化メカニズムの第一原理的理解)で、(Ge, Fe), (Ge, Mn)系の原子配置の安定性と磁気秩序の出現および転移温度との関係を第一原理計算から明らかにしたことが評価されて、受賞となりました。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ