1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 工学研究院 玉手亮多 日本学術振興会特別研究員が高分子学会で「広報委員会パブリシティ賞」を受賞

工学研究院 玉手亮多 日本学術振興会特別研究員が高分子学会で「広報委員会パブリシティ賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

 横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創生部門 日本学術振興会特別研究員の玉手亮多さん(指導教員:渡邉正義教授)が、5月23日~25日に名古屋国際会議場にて開催される第67回高分子学会年次大会において行う研究発表が、対外広報にふさわしいものであると認定され広報委員会パブリシティ賞を受賞しました。

 広報委員会パブリシティ賞は高分子に関する学術・技術・及び産業の発展に寄与すると認定された研究発表に与えられる賞です。発表演題は、「Self–healing micellar ion gels via multiple hydrogen bonding(多点水素結合を利用した自己修復性ミセル型イオンゲルの創製)」です。玉手さんは、大気下でも乾くことなく、切断しても元通りにつなぐことができるゲルを開発し、これが優れたイオン伝導性も持ち合わせていることから、IoT用フレキシブル電子デバイス材料などへの応用が期待され受賞に繋がりました。

 なお、上記発表は、Polymer Preprints, Japan 2018, 67「室温で自発的に傷を修復する不揮発なイオン伝導性ソフトマテリアル」(著者:玉手亮多、橋本慧、堀井辰衛、渡邉正義)の研究成果解説文の詳細を報告するものです。

関連リンク



ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ