1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 平成26年度横浜国立大学共催シンポジウム「持続可能な水道システムの確立」

平成26年度横浜国立大学共催シンポジウム「持続可能な水道システムの確立」

 水道は重要なライフラインです。我が国の水道技術は極めて高く、国際的にも指導的な立場にあります。しかし水道施設の老朽化が進み、安心安全な給水を行うために問題があることも事実です。経済的な理由から安易に設備を更新することには限界があることもよく知られています。このような問題を解決するには、施設の長寿命化技術を開発することが強く求められます。

 これまで横浜国立大学工学研究院では、4年間にわたり公開講座「持続可能な水道システムの確立」を実施して参りました。今年度からは水道システムに山積する多くの課題についてより踏み込んだ議論を展開するために、装いも新たにシンポジウムとして開催することとなりました。水道施設の長寿命化の技術展開について問題点を抽出し、多様な側面からの情報提供を行い、それらに関する創造的な意見交換を行います。

*運営方法の変更について*
本年度より横浜国立大学大学院工学研究院との共催事業として運営されることになりました。
受講料の振り込みを含めて運営業務を民間会社が行ないます。

サブタイトル

~水道施設の長寿命化と技術開発〜

日時

2014年 8月 28日(木)、29日(金)

28日(木)10:00 ~ 16:45 / 17:15 ~ 19:00 技術交流会(自由参加)工学部第二食堂
29日(金)10:00 ~ 17:15

場所

横浜国立大学 理工学部 C講義棟 301室

募集人数

100名(先着順で受講者を決定し、定員になり次第締め切ります。)

参加費

2日間で 12,960 円(受講料 12,000円+消費税)

交流会は当日会費として 1,000円をお支払い下さい。

申込期間

2014年 6月 30日(月)~ 8月 8日(金)

お申込み手続きについて

【E-Mail によるお申込み】
別紙の受講申込書に記載されている必要事項をご記入の上、symposiumv-academia.jp まで送信してください。

【ファックスによるお申込み】
下記 FAX申込書に必要事項をご記入の上、045 - 718 - 5325 までFAX 送信して下さい。

主催

平成 26年度シンポジウム「持続可能な水道システムの確立」企画委員会

共催

横浜国立大学大学院工学研究院

後援

厚生労働省健康局水道課
特別地方公共団体神奈川県内広域水道企業団、川崎市上下水道局、さいたま市水道局、仙台市水道局、千葉県水道局、東京都水道局、横浜市水道局、公益財団法人水道技術研究センター、一般社団法人全国上下水道コンサルタント協会、公益社団法人日本水道協会、日本水道鋼管協会、一般社団法人日本水道工業団体連合会、一般社団法人日本ダクタイル鉄管協会、株式会社水道産業新聞社、株式会社日本水道新聞社 (五十音順)

運営(受託)

株式会社ベンチャー・アカデミア(横浜国立大学発ベンチャー会社)

お問い合わせ先

株式会社ベンチャー・アカデミア
電話番号:045-718-5325
メールアドレス:symposiumv-academia.jp

関連リンク

(担当:大学院工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ