1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 環境情報学府生が第5回「海の日」論文において「優秀賞」を受賞

環境情報学府生が第5回「海の日」論文において「優秀賞」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

受賞者

 大学院環境情報学府環境システム学専攻博士課程前期2年の和氣昌弘さん(指導教員:村井基彦准教授)が第5回「海の日論文」で優秀賞を受賞しました。この賞は、日本海事新聞社と日本海洋政策学会が「海の日」にちなんで募集した「海の日論文」で、「海洋基本法」が標榜する「新たな海洋立国」の実現に資するために、多様な分野から海洋政策に関する自由なアイデア、意見、提言を得ることを目的としています。論文は「海洋再生可能エネルギーの開発および利用を促進させるための総合開発企業立ち上げについて」と題して、「海洋再生可能エネルギーの開発と利用につき、総合開発企業に海洋開発と漁業の利害調整機能をもたせるべき」との提言が高く評価されました。
 7月19日に日本記者クラブにて表彰式が行われました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ