1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報研究院 中野 健 准教授らが「日本機械学会賞(論文)」を受賞

環境情報研究院 中野 健 准教授らが「日本機械学会賞(論文)」を受賞

受賞情報

受賞者3名(左から、本学の中野准教授、長岡技術科学大学 角助教、東京理科大学 田所助教)

環境情報研究院の 中野 健 准教授が、「日本機械学会賞(論文)」を受賞しました。受賞の対象となった論文は、「摩擦振動が生む動摩擦係数の計測誤差(日本機械学会論文集C編、79巻、2635-2643頁、2013年7月)」で、執筆当時は本学の大学院生だった 角 直広 氏(現在、長岡技術科学大学・助教)と、本学の産学連携研究員だった 田所 千治 氏(現在、東京理科大学・助教)との共著の論文です。すべり摩擦システムのヨー角ミスアライメントに着目した独創的な手法でシステムを安定化したことと、摩擦振動が生む動摩擦係数の計測誤差を同手法により初めて定量評価したことなどが高く評価されました。表彰式は、2015年4月17日(金)、明治記念館(東京都港区)において執り行われました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ