1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報研究院の中野健准教授が「最優秀ポスター賞」を受賞

環境情報研究院の中野健准教授が「最優秀ポスター賞」を受賞

受賞情報

受賞を受ける中野准教授

2010年12月5日〜9日にオーストラリアのパースで開催されたトライボロジーの国際会議(ASIATRIB 2010)で、大学院 環境情報研究院の 中野 健 准教授が、最優秀ポスター賞を受賞しました。

題目は「Transient processes of stick-slip at dry/wet interfaces(乾燥面と潤滑面に生じるスティックスリップの過渡的なプロセス)」で、前川 覚 さん(大学院 環境情報学府 博士課程後期2年)と 鈴木 厚 さん(トヨタ自動車株式会社)との共著です。アクリル製のスライダ・オン・ブロックの縦長な線接触部を計測対象として、可視化した接触面の高速度撮影と、スライダに加わる法線力および接線力の同期計測により、接触面に生じる音速レベルの過渡現象を追いかける実験的な試みが高く評価されました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ