1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生がバイオメカニクスカンファレンスで「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

環境情報学府生がバイオメカニクスカンファレンスで「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

受賞情報

賞状

2016年12月10日に京都大学で開催された第23回バイオメカニクスカンファレンスにおいて、大学院環境情報学府環境システム学専攻博士課程前期1年の山本翔太さん(指導教員:森下信教授)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

本賞はバイオメカニクスに関係した研究発表のなかで最も高い評価を得た講演に与えられるものです。
受賞対象は「細胞接着分子の固有振動解析」で、細胞のメカノセンサーとして知られているインテグリンというタンパク質の固有振動解析を行うことによって、細胞が外部から与えられる振動に応答する原因を探る、細胞生物学と機械工学の境界領域に位置する先駆的研究です。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ