1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が第111回数理モデル化と問題解決研究会で「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

環境情報学府生が第111回数理モデル化と問題解決研究会で「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

受賞情報

賞状

2016年12月12日(月)に電気通信大学で開催された一般社団法人情報処理学会 第111回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会において、環境情報学府情報メディア環境学専攻博士課程後期3年生の荒井敏さん(指導教員:環境情報研究院・長尾智晴教授)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

受賞となった研究課題は“畳み込みニューラルネットワークを用いた画像分類タスクの直感的可視化方法”であり、Convolutional Neural Networkを用いたDeep Learning(深層学習)によって作られた画像分類器の処理内容の可読性を向上させる画期的な手法であると高く評価されて受賞となりました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ