1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が環境科学会2018年会で「優秀発表賞(富士電機賞)」を受賞

環境情報学府生が環境科学会2018年会で「優秀発表賞(富士電機賞)」を受賞

受賞情報

賞状

2018年9月10~11日に東洋大学赤羽台キャンパスで開催された「環境科学会2018年会」において、環境情報学府 人工環境専攻M1の林知美さん(指導教員:小林剛准教授)が優秀発表賞(修士課程学生の部)を受賞しました。
受賞となった発表テーマは「揮発性有機塩素化合物高濃度地下水からの土壌中での気化・拡散挙動の評価」であり、土壌汚染物質の拡がりと地上の建屋内の室内汚染の可能性を評価しようとするもので、近年問題視されている汚染された土地の安全性を考える上で有用な知見が得られています。
口頭発表とポスター発表を行い、一般会員および選考委員会による審査を経て、優れた研究発表として高く評価されて受賞となりました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ