1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が日本セラミックス協会 関東支部研究発表会で「優秀賞」を受賞

環境情報学府生が日本セラミックス協会 関東支部研究発表会で「優秀賞」を受賞

受賞情報

賞状

受賞の様子

2018年9月26日(水)~27日(水)、群馬大学で開催された第34回日本セラミックス協会関東支部研究発表会において、大学院環境情報学府 博士課程前期1年 松本昭源さん (指導教員:伊藤暁彦 准教授) が「優秀賞」を受賞しました。

発表題目は、「MOCVDを用いたHfO2–Al2O3共晶系ナノ複合膜の合成における成膜温度が膜組織に及ぼす影響」です。従来、セラミックス共晶体は、液相からの凝固過程を用いて合成されてきましたが、本研究は、セラミックス共晶体の気相成長を示唆するものです。得られた研究成果は、材料組織学やコーティング技術の分野に新たな知見を加えるものであり、優れた発表内容とプレゼンテーション能力が高く評価され、受賞となりました。

尚、本研究成果の一部は、日本学術振興会科研費・基盤研究 (B) (課題番号:17H03426) の支援を受けて得られたものです。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ