1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生および環境情報研究院の飯島志行准教授・多々見純一教授が粉体工学会で「2017 APT Distinguished Paper Award」を受賞

環境情報学府生および環境情報研究院の飯島志行准教授・多々見純一教授が粉体工学会で「2017 APT Distinguished Paper Award」を受賞

受賞情報

賞状

環境情報学府博士課程後期2年の森田聖太郎さん(日本学術振興会特別研究員DC1)と環境情報研究院の飯島志行准教授および多々見純一教授が、2017 APT Distinguished Paper Awardを受賞し、2018年11月27日(火)に東京ビッグサイトで開催された2018年度秋期研究発表会において表彰されました。また、著者を代表して、森田聖太郎さんが受賞講演を行いました。
受賞論文は、Advanced Powder Technology 誌28巻(2017年)に掲載された『SiO2 nanoparticles surface modified with polyethyleneimine-oleic acid complex as stabilizers of Ni fine particles in dense nonaqueous suspensions』であり、粉体工学の発展に寄与する学術的に価値ある内容を含む論文として高い評価を受けました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ