1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院環境情報学府の学生が「年会優秀ポスター発表賞 優秀賞」を受賞

大学院環境情報学府の学生が「年会優秀ポスター発表賞 優秀賞」を受賞

受賞情報

年会優秀ポスター発表賞 優秀賞

Student Poster Competition

2010年3月22日(月)~24日(水)に東京農工大学で行われた日本セラミックス協会2010年年会、および 2010年6月2日(水)~4日(金)にカッパドキア(トルコ)で行われた第3回サイアロンおよび非酸化物に関する国際会議(3rd International Symposium on SiAlONs and Non-oxides, ISSNOX3)の二つの国内外の学会において、大学院環境情報学府 博士課程後期3年 吉尾紗良さん(指導教員:多々見純一准教授)が「優秀ポスター発表賞優秀賞」を受賞しました。

受賞対象となった研究発表は、『ダブルパーコレーションによるCNT分散Si3N4セラミックスの電気抵抗制御』および『Control of Electrical Resistivity of CNT Dispersed Si3N4 Ceramics by Double Percolation』で、優れた導電性を有するアスペクト比の大きいナノ粒子であるカーボンナノチューブ(CNT)およびセラミックスの乾式成形における顆粒体の二つのスケールでパーコレーション構造を形成することによりCNT分散Si3N4セラミックスの電気抵抗の制御を実現したものです。

この研究成果により、CNT分散Si3N4セラミックスの精密な電気抵抗制御が可能になります。吉尾さんの発表内容の新規性や質疑応答などのプレゼンテーション能力の高さが評価されて優秀賞に選ばれました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ