1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府博士課程前期の学生が「環境情報科学センター第8回環境情報科学ポスターセッション」で事務局長賞を受賞

環境情報学府博士課程前期の学生が「環境情報科学センター第8回環境情報科学ポスターセッション」で事務局長賞を受賞

受賞情報

表彰状

2011年11月30日に日本大学会館(東京都千代田区)で開催された
「環境情報科学センター第8回環境情報科学ポスターセッション」において、環境情報学府環境リスクマネジメント専攻博士課程前期2年の荻野洋佑さん(指導教員:環境情報研究院・小林剛准教授)が事務局長賞を受賞しました。

受賞対象となった研究課題は「高リスクが懸念される大気中六価クロムのリスク評価と多様な情報を用いた発生源の探索」であり、研究発表を行った学生の中から優れた研究発表として評価されたものです。
この研究成果により、大気中での六価クロムの測定、評価の取り組みの促進が期待されます。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ