1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が「Water and Environment Technology Conference 2012」において「WET Excellent Presentation Award」を受賞

環境情報学府生が「Water and Environment Technology Conference 2012」において「WET Excellent Presentation Award」を受賞

受賞情報

表彰状

2012年6月29-30日に東京大学駒場リサーチキャンパス(東京都目黒区)で開催された国際会議Water and Environment Technology Conference 2012 (WET2012)において、環境情報学府環境リスクマネジメント専攻M2の齋藤美穂さん(指導教員:環境情報研究院・亀屋隆志准教授、近藤貴志博士研究員)がWET Excellent Presentation Awardを受賞しました。
受賞研究課題は「Detection of Fenitrothion and its Degradate 3-methyl-4-nitrophenol in Water Environment」であり、大量使用されている殺虫剤Fenitrothionと毒性強度が増したその分解生成物3-methyl-4-nitrophenolの水環境中での挙動を追跡した研究であり、環境中での変化によって化学物質の環境リスクが増す事例を示した貴重な成果です。学生のみならず一般研究者も参加する競争倍率5倍を越える難関の中から、Oral IntroductionとPoster Viewingの2段階審査を経て特に優れた研究発表として評価され受賞に至ったものであり、とても栄誉ある受賞と言えます。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ