1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生がMeeting on Mangrove ecology, Functioning and ManagementにてBest Student Oral Presentationを受賞

環境情報学府生がMeeting on Mangrove ecology, Functioning and ManagementにてBest Student Oral Presentationを受賞

受賞情報

賞状

2012年7月2-6日にスリランカ・ゴールで開催された(6年に一度開催)Meeting on Mangrove ecology, Functioning and Management (MMM3)において、環境情報学府環境生命学専攻D3のToe Toe Aungさん〔ミャンマー国費留学生〕(指導教員:環境情報研究院・持田幸良教授)がBest Student Oral Presentationを受賞しました。受賞研究課題は「Prediction on recovery pathways of the cyclone-disturbed mangroves in the Ayeyarwady Delta, Myanmar 」であり、自然災害リスクをどのようにマングローブ種が回避し修復するかを膨大な現地調査結果をもとに解析評価した研究で、高い評価を得ました。なおこの学会派遣はリスク共生型環境再生リーダー育成プログラムの支援によるものです。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ