1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 環境情報学府生が「環境科学会2012年会」において「最優秀発表賞(富士電機賞)」を受賞

環境情報学府生が「環境科学会2012年会」において「最優秀発表賞(富士電機賞)」を受賞

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

賞状

受賞場面

2012年9月13日に横浜国立大学で開催された環境科学会2012年会において、大学院環境情報学府リスクマネジメント専攻博士課程後期2年の小谷健輔さん(指導教員:益永茂樹教授)が、ポスター発表においてポスドク・博士課程の部で最優秀発表賞を受賞しました。受賞対象となった発表題目は「有機リン系難燃剤の有害性予測モデルの開発とリスクトレードオフ解析への適用」であり、同年会で研究発表を行った若手研究者・学生の中から、一般会員ならびに選考委員会による審査を経て、優れた研究発表として評価・選考され、受賞に至ったものです。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ