1. YNU
  2. 大学案内
  3. 情報公開
  4. 教職員採用情報
  5. 研究推進機構(安全衛生管理担当)特任教員(准教授又は講師)【11/29必着】

研究推進機構(安全衛生管理担当)特任教員(准教授又は講師)【11/29必着】

職名 特任教員(准教授又は講師)
所属・担当 研究推進機構(安全衛生管理担当)
人数 1名
採用日 2018年3月1日 以降できるだけ早い日
任期 2018年3月31日まで
勤務成績により、年度ごとに更新の可能性有り。
ただし、最長で2022年3月31日を限度とする。
(※2018年4月1日以降採用の場合は、
2019年3月31日までとする。
ただし、最長で2023年3月31日を限度とする。)

※雇用契約の更新の有無については、期間終了30日前までに通知する。
待遇 国立大学法人横浜国立大学年俸制教職員給与規則に基づき、年俸制適用。
専門業務型裁量労働制適用(※年俸額は経験・年齢等により決定。)
通勤手当等諸手当有(支給要件を満たす場合)。
選考方法 第1次選考:書類選考
第2次選考:面接 
面接の日時等、詳細については候補者の方に後日連絡します。
(面接時期:2017年12月中旬頃を予定)
なお、選考審査に関する問い合わせには応じられません。
また、面接に伴う交通費等に係る費用は自己負担となります。
応募資格・要件 (1)環境保全、安全管理、安全衛生教育など上記の業務に関わる分野において、実務経験・資格を有する方。
職務に関連する免許・資格等(例:労働安全コンサルタント、衛生工学衛生管理者、甲種危険物取扱者、高圧ガス製造保安責任者、作業環境測定士)のいずれかを有することが望ましい。
(2)博士の学位を有する者又は同等の知識を有する者
提出書類 (1)履歴書(写真添付)
(2)大学における安全管理に関する考え(A4用紙2頁,3000字以内)
(3)論文、ニュースレター、技術報告、著書・特許、安全衛生に関する実務経験の概要等
(4)応募者本人の実績等を問い合わせることができる関係者1名以上の連絡先
応募締切 2017年11月29日
(必着)受付終了
業務内容 横浜国立大学のキャンパスの安全に関する以下の教育指導・監督業務を行う。
・化学物質・危険物・高圧ガス管理、作業環境測定、リスクアセスメント等に係る安全指導、啓発活動。
・教職員・学生に対する安全教育の企画、運営。
・労働安全衛生法をはじめ関係法令遵守のための技術支援。

応募書類提出先 〒240-8501
横浜市保土ケ谷区常盤台79-1
横浜国立大学総務部人事・労務課
※封筒に「研究推進機構(安全衛生管理担当)応募書類在中」と朱書し、書留又は宅配便等配達の記録の残る方法で送付してください。

書式(1) 履歴書DOCファイルが開きます
書式(2) 大学における安全管理に関する考えDOCファイルが開きます
書式(3) 論文、ニュースレター、技術報告、著書・特許、安全衛生に関する実務経験の概要等DOCファイルが開きます
書式(4) 応募者本人の実績等を問い合わせることができる関係者1名以上の連絡先DOCファイルが開きます
問合せ先 横浜国立大学総務部人事・労務課
電話番号:045-339-3025  FAX:045-339-3029
※E-mailでご質問等の照会をされる場合には、件名に「【質問・照会】安全衛生管理 公募」としてください。
メールアドレス:jinji.fukukacho2ynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ